2017年04月08日

ベトナム戦争映画「アイアン・トライアングル」紹介レビュー♪

「戦争映画記事第五弾!」

(アイアン・トライアングル)

(YOUTUBEアイアントライアングル予告動画)
☆作品の概要☆
ヴェトナム戦争を、アメリカとヴェトナムの両者の側から描いた作品。

アイアン・トライアングル(地獄の三角地帯)と呼ばれる戦場で戦う二人の兵士の心情を描く。

主演は「恋のゆくえ」で一躍脚光をあびたボー・ブリッジス。

共演は「キリング・フィールド」でアカデミー賞の助演男優賞を受賞したハイン・S・ニョール、「警視ランスキー」などで知られるジョニー・アリディなど。

監督はエリック・ウエストン。

製作はトニー・スコッティとアンジェラ・スカピーロ。製作総指揮はベン・スコッティとフレンド・スコッティ。

脚本はエリック・ウエストンとジョン・ブッシェルマン、ラリー・ヒルブランド。

撮影はアーブ・グッドノフ。

編集はロイ・ワッツ。

プロダクション・デザイナーはエロール・ケリー。

音楽はマエケル・ロイドとジョン・ダンドレア、ニック・ストリンブル。

特殊効果は「プラトーン」「太陽の帝国」を手掛けたベテラン、イーブ・デ・ボ。

原題 The Deadliest Combat Zone in the Vietnam War
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 CFD

☆物語のあらすじ☆
ヴェトナム戦争の真っ只中、キーン少尉(ボー・ブリッジス)率いる米軍部隊は、アイアントライアングル<魔の三角地帯>と呼ばれる激戦地を進軍していた。

激しい闘いの中、キーンは捕虜となり手酷い拷問を受けるが、敵軍の戦士ホー(リエム・ワットリー)は、キーンに命を助けられた恩から彼を救うのだった。

後に米国はヴェトコンを最後の一人にまで追い詰めたが、残った戦士は負傷したホーだった。

☆以上Movie Walker様HPからの引用☆
あいよっ♪
昨日紹介した「地獄の軍団・スクワッド」に引き続いて、今回もまたベトナム戦争映画の紹介記事になるんだけど
この作品もまた(いくつかのガッカリな点はあるものの)「プラトーン」、「ハンバーガーヒル」等のメジャー所以外での
隠れた名作と言っても過言ではない(ポンコツ)B級ナム戦映画なんだ(^ω^)

そして、珍しいのは米軍・ベトコン双方に主人公を据え置き、双方の側から物語を描く手法が用いられてたりで
「ベトナム・ウォー・ストーリー(後々記事にする)」を彷彿とさせる作風に仕上がっている。

とは言っても、「アイアン・トライアングル」は手放しで褒めれる作品とは言い切れず、低予算な戦争映画なんで
米軍・ベトコンの服装及び、装備品や、村の家屋のセットが、かなりチープだったりする(笑)

この作品は17年ほど前に、今は無きレンタルビデオショップ「レンタロー」で買ったVHSテープを
最近になってDVDに焼き直したんだけど、テープ自体がかなり劣化してた為に画質が最悪なんだ(脱糞)

尚、今回は簡易レポとは言え、DVD化されていないVHSのみの発売な上に
中古での出品も無い作品なんで、最後まで簡潔に紹介するね♪

それと、今回レビュー書くに当たって、相当昔に借りた作品で記憶も曖昧な上に
リアルタイムでDVDチェックしながら記事書いとるから、設定に間違いと誤りがあると思うけど大目に見てちょーm(__)m

つづいて主人公の紹介♪



(キーン少尉)
ぬぼーっとした風体でイマイチ、パッとしない主人公の米軍将校「キンーン少尉」♪

米軍側の小隊指揮官だが、残虐な行為を嫌い
同盟軍の南ベトナム・レンジャー部隊の捕虜に対する野蛮な振る舞いに嫌悪感を持っとる(V)o¥o(V)

つづいてベトコン側の主人公の紹介♪



(ホー)
そしてコチラがベトコン側の主人公「ホー」♪

設定では17歳で、元々が貧しい農村の出身で(と、言っても当時のベトナム人の大半はそうだったと思うが)
親友のインテリ少年を妬む描写もある。

無学ながらも曲がったことを嫌い、米軍側の主人公であるキーン少尉同様、捕らえた米軍捕虜への残虐な扱いに
嫌悪感を示す。

つづいて物語の大まかな進行♪



(村の掃討)
この作品は冒頭から戦闘シーンで始まる。

主人公キーン少尉率いる米軍部隊はベトコンの立て籠もる村への掃討に当たるが
のっけから、露骨に怪しい小屋が現れる(脱糞)

この小屋には重機関銃が備えられてて、米軍に狙いをつけてるんで


(撃たれる米兵)
まあ、当然こうなるんだけど、この小屋からの機関銃による射撃を受けて
小隊の何人かは撃たれてしまうが



キーン少尉の部隊も直ちに反撃に転じ





(小屋の制圧)
上空に待機してたヘリと、M72ロケットランチャーでベトコンが立て籠もる小屋を吹っ飛ばす!

最初からやってりゃいいのに(;^ω^)





(進撃)
ここから航空部隊の支援を受けて一気に村に進攻する米軍部隊!








(掃討)
村になだれ込んだ米軍部隊だが、既にベトコンは村の背後にある山中に逃走した後で
村には逃げ遅れた村人と、数名のベトコンが潜んでただけだった(V)o¥o(V)


(山の捜索)
早速、山に逃れたベトコンを探すために捜索を開始するが





(はぐれた米兵)
この時に二人組の米兵が本体からはぐれてしまう。

ベトコンはこの二人のあとを追跡し、一人を倒す!

ちなみにこの二人組の米兵の中の一人はM1928トンプソン(トミーガン)をメインウェポンに装備し
背中にはM16A1をからっててシブい(^ω^)




そのトンプソンを斃れた米兵の戦友が取り上げて、ベトコンが潜んでる森にめくら撃ちするが
この米兵もベトコンに射殺されてしまう(合掌)





(ホー)
二人組の米兵を仕留めたのはベトコン側主人公のホー少年で
ホーは斃れた米兵の戦死体から二丁のM16A1と、M1928トンプソンを鹵獲して拠点に帰還する。




(お披露目会)
早速持ち帰った鹵獲火器を披露するが、ホーの親友インテリ眼鏡小僧が
トミーガンに食いついて吟味する(脱糞)

と、そこへ








(ホイ)
共産党員である年配のベトコン闘士「ホイ」がやって来て
ホーが鹵獲したトミーガンを取り上げようとする!

米兵を倒してトミーガンを鹵獲したホーは頑として銃を渡すことを拒み
最終的にこの拠点の指揮官の北ベトナム正規軍大佐の裁定を仰ぐことに。







(正規軍大佐)
カンボジア大虐殺を描いた映画「キリングフィールド」でカンボジア人記者ディス・プラン役で一役有名になった「ハイン・S・ニョール」演じる正規軍将校は
トミーガンの所有権は直接敵を倒して奪ったホー少年にあるとし、ホイの意見を退けてしまうが
このことが原因でホーとホイに確執が出来てしまう"(-""-)"

一方、米軍側主人公のキーン少尉たちはというと






(キーンとBDQ将校)
前日の村の掃討を終えて、宿営地のテントで休息をとるキーン少尉の元に部下とヤードが駆け込んできて
何事かと思ってテントから出てきたキーンの目に飛び込んできたのは
村で捕らえたベトコン捕虜に物凄い事をしている南ベトナム軍レンジャー部隊将校の姿だった(;^ω^)





「俺が捕らえた捕虜なんだから、いい歳してイカレた事するのはやめなさい!」と
キーンが捕虜の処刑を止めるようにBDQ将校に促すと



(捕虜の処刑)
激高したBDQ将校は全ての捕虜を銃殺してしまう!

ちなみにこの役者だが、適度にムカつく顔してて悪役としては100点満点だで(V)o¥o(V)



(パトロール)
数日後、キーン少尉は二名のヤードと分隊を率いて偵察に出るが








(待ち伏せ)
キーン少尉の偵察隊をいち早く補足したホイ率いるベトコン部隊の待ち伏せ攻撃を受けてしまう!

次々と倒されていく米軍部隊は応戦するが




瞬く間にベトコンに包囲されて全滅する!







(キーン少尉)
この時、ベトコンの背後に回り込んで反撃してたキーン少尉は
ホーと対峙してる間に、ホーの親友であるインテリベトコン少年に背後に回られて
銃の台尻で頭を殴られ気絶し、捕虜にされてしまう。



(降伏)
その後、米軍のパトロール隊は二名のヤードと一名の米兵が捕虜になる。

彼らの運命は!?



(ボコボコの儀)
捕らえられたキーン少尉ら捕虜一行はベトコン捕虜のお約束、ボコボコの洗礼を受ける!





(ホーダッシュ)
すかさずホーが虐待を止めに入るが、ホイに裏切者と罵倒されてしまうが
そうしてる間に


米軍捕虜が逃走し、射殺されてしまう(合掌)

尚、このシーン以降ヤードの捕虜が見当たらなくなるが、処刑されたものと思われる(;^ω^)




(連行)
その後、長い道のりを歩かされるキーン少尉!

捕虜となって、連れていかれた先はベトコンの拠点で、ここでもキーン少尉は




(拷問)
ホイの指揮の元、苛烈な拷問を受けてしまう!

途中ホイが「何しにここに来た?」と尋ねるが、キーン少尉としては

「オメーらがココに連れてきたんだろうが!」
と思ってたに違いない(脱糞)






(逃走)
その後、ホーはインテリ眼鏡少年の助言もあり、このままではキーンがホイに殺されかねないと思い
キーンを直接正規軍に引き渡すために、深夜ベトコンの同志たちが眠りについたころでキーンと共に
正規軍本部に向かう。


最初こそキーンを敵として憎んでたホーだったが







(洞窟)
その日の夜に寝泊まりした洞窟でキーンとの会話を重ねるうちに、政治的心情の話から
家族の話題などの人間的な話に移るにつれて、次第にヘイト感情が無くなってくる(V)o¥o(V)


翌朝には冗談も言い合えるような仲になりながらもキーンを連行するホーだが、そこに






(ホイ)
ベトコンの拠点を抜け出したホーとキーンを追跡してきたホイとバッタリ遭遇してしまう!

ホイは尚も「捕虜を引き渡せ」と迫るが、ホーは頑なに拒否する。

すると





(生首)
ホイはホーの逃走後に殺したインテリ眼鏡少年の生首を麻袋から取り出して見せて
ホーに最後の警告をするがホーは頑として応じない!



(ホイへの反撃)
その後しびれを切らしたホイはキーン少尉を蹴っ飛ばして射殺しようとするが
キーンはゴタゴタの間に、秘かにホーから受け取った銃剣を忍ばせていて
ホイのスキを突いて、ホイの影腹目掛けて銃剣を突き刺す!

直後に






ホイから56式突撃銃を奪い取ったキーン少尉はホーと対峙する。

長い沈黙が続き、互いに発砲することなく、それぞれの帰路につくが
キーン少尉は、このイザコザの中で革命勢力側の拠点の位置を把握することが出来
ホーもまた拠点への攻撃が近いことを知り、同胞を救うために拠点に帰る。





(キーン少尉)
その後、キーン少尉は幸運にも味方のヘリに救助されて前線に復帰♪

ベトコンの拠点ミタンへのヘリボーンによる強襲攻撃を仕掛ける。







(ミタンの村)
ヘリの襲撃を受けて逃げまどう村人達!

そこには村人たちの避難誘導をする正規軍大佐の姿があり、そこにホーが駆けつけてきた!

米軍の奇襲を知らせに来たホーだが、キーン少尉の方が一足早かった(ヘリだから当たり前か)






(米軍)
続々とヘリから降り立つ米軍部隊!

そこにはキーン少尉の姿もある。




ベトコンも負けじと反撃する






(攻撃ヘリ)
しかし、敵は圧倒的な火力を持つアメリカ軍。

空からの支援と火力でベトコンの拠点をすり潰していくが





米軍もベトコンの反撃で少なからぬ損害を出す。








ベトコンはそれ以上の損害を出し徐々に村から追い立てられていく

と、そこへ




(村人)
南ベトナム軍レンジャー部隊将校の前に一人の村人が現れる。

最初のシーンでベトコン捕虜を虐殺してたBDQ将校だ(V)o¥o(V)


当然BDQ将校はためらうことなく村人を射殺するが、その死体に近づいたところで。。。


あ・・・



(BDQ将校の死)
村人の自爆により爆殺されてしもた(合掌)

悪いことは出来ないものである"(-""-)"




(ベトコンの敗走)
米軍の攻勢に勝ち目が無くなったベトコンは川を渡って山に逃れようとするが
そこにも米軍の攻撃ヘリによる襲撃が!

袋のネズミである。





それでも何とか川を渡り、命からがら山にたどり着いたベトコン部隊。

列の最後尾にはホーがいて、正規軍大佐が避難するよう促すが
ホーは自主的にしんがりを務める道を選ぶ。







(ホー)
山に逃れたベトコンの敗残兵を追って川に迫る米軍を、対岸の山からM60で迎え撃つホー!

米軍もバタバタと斃れる!



この時米軍の放った銃弾を一発喰らったホーだが。。。


まだまだとばかりに、再びM60を構えて米軍に立ち向かう





(ロケラン攻撃)
しかし、奮闘空しくM72ロケットランチャーの攻撃を受けて吹っ飛ばされてしまう!

幽鬼のごとく森の中を這って逃げるホー。

その上空には






(F4ファントム)
空からの支援を受けて駆け付けたF4ファントムが飛来して
ホーの居たM60の位置にナパーム爆弾を投下するがホーは。。。



ナパームの直撃をなんとか逃れて無事だったが、瀕死の重傷だ!




そこへキーン少尉率いる米軍部隊が到着するが、キーンはこの時まだベトコンがホーであることに気づいていないし
ホーも手に持った手榴弾で米軍と刺し違える覚悟だ。










(ラスト)
その後、ベトコン兵士がホーであることに気付いたキーン少尉は
ゆっくりとホーに歩み寄り、自爆を思いとどまるように説得し
その熱意が通じたホーは手榴弾のピンを抜こうとした手を緩めて、キーンに投降した所で物語は終わる♪

さてとコレにて「アイアン・トライアングル」の紹介記事を終えるけど、この作品は
数あるB級ポンコツベトナム戦争映画の中でも、一線を画す作品で
低予算ながらもアクションシーンは派手で、わりかしテンポよく話が進み
それなりに見どころもあるから、B級戦争映画ファンだったら観て損は無いと思う♪

ヤフオクをチェックしてると稀に出品されてる事もあるよー〈(^ω^)〉

今後も暫くはVHSのみで発売された作品をレビューしていきたいと思います('ω')ノ

おちまい
☆当ブログ戦争映画記事一覧☆

ラスト・ウォー1944

フィリピン陥落・バターン半島1942

ウィンター・ウォー

ハート・アタッカー

スターリングラード(1993)

USプラトーン

アザーズ‐捕食者‐

アイアン・トライアングル

地獄の軍団・スクワッド

アイアンクロス

殺戮の戦場

ウルフ・オブ・ウォー
★当ブログ内エアガン記事★

エアガン集合2017

S&T・G36V・C-MAG装着MG36化

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)





同じカテゴリー(戦争映画紹介)の記事画像
7月5日レンタル開始WW2新作戦争映画「ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線」予告紹介の巻♪
WW2戦争映画「フィリピン陥落-バターン半島1942-」簡易紹介の巻♪
現代版マカロニ・コンバット!戦争映画「ビヨンド・ワルキューレ」紹介記事の巻♪
新作WW2戦争映画「ウィンター・ウォー」予告紹介の巻♪
イラク戦争映画「ハートアタッカー」簡易レポの巻♪
WW2戦争映画「スターリングラード(1993)」簡易紹介レポの巻♪
同じカテゴリー(戦争映画紹介)の記事
 7月5日レンタル開始WW2新作戦争映画「ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線」予告紹介の巻♪ (2017-04-21 18:13)
 WW2戦争映画「フィリピン陥落-バターン半島1942-」簡易紹介の巻♪ (2017-04-20 19:07)
 現代版マカロニ・コンバット!戦争映画「ビヨンド・ワルキューレ」紹介記事の巻♪ (2017-04-18 17:39)
 新作WW2戦争映画「ウィンター・ウォー」予告紹介の巻♪ (2017-04-15 16:16)
 イラク戦争映画「ハートアタッカー」簡易レポの巻♪ (2017-04-14 04:19)
 WW2戦争映画「スターリングラード(1993)」簡易紹介レポの巻♪ (2017-04-12 20:37)
Posted by kouichi-wanwan at 17:53 │戦争映画紹介