2015年12月17日

マルイM14ゲット+G&Pタクティカルマウントベース取り付け

「12月16日」

先週の日曜日は顔馴染み(兄の友達)である某コンビニの店長さんがコレクションしてたM14を売ってもらった♪
六年位前に

おれ「M14売ってもらえねーかな?」
と聞いてみたら
店長さん「まだ一発も撃ってねーけど20000円で売ってもいいよ」
との事で近々買いたいな~♪と当時は思ったものだが、その後オレ的大恐慌時代に突入してずっと買わず仕舞いだったものだが、先週の土曜日に六年振りにそのコンビニに寄ってみると当時の店長さんが居て
改めて

おれ「M14売ってもらえねーかな?(マジキチスマイル)」

店長さん「まだ一発も撃ってねーけど、いくらなら買うか?」

おれ「10000円ボソッ・・・(弱気)」

店長さん「OK!あした持って来るよ」

おれ「マジすか!?ありがてえ、ありがてえ(喜)」

店長さん「箱どうするよ?デカいぞ?」
おれ「・・・本体だけで(笑)」
一体六年の間に店長氏に何があったのか知らんが、半額で売ってもらえることになり
翌日仕事帰りに一万円持って買いに行くと

店長さん「ホントに一万円くれるのか?オメーの事だから土壇場で値切ってくると思ってた(笑)」
そこまでプロコジキじゃねーし(笑)と思いつつM14を家に持って帰り今日に至る訳だが
ぼちぼちレビューに移りたいと思います(゜∋゜)







先ずは恒例のマガジン無しの状態から♪
・・・やたら長いし、主婦が物干し竿に使ってても違和感が無さそうな印象だな(゜∋゜)

ちなみにあまりにも長い鉄砲なんで、初のHD準拠のアスペクト比で撮ってみたんだが
結局画像のサイズを(安パイな所で)740に圧縮しねーといけねーから画質的には何の恩恵もないという(泣)


そんな本体にマガジンを挿してと・・・







むう。。。
曲銃床で横長な銃本体からピョコン♪と飛び出たマガジンを持つデザインの鉄砲は
15年近く前に買ったマルシンの「M1カービンMAXI」以来だぬ。

アホの子だったオイラはM1カービンの木ストにハク(失笑)を付けるために
壁にこすりつけたり、「アチョー!」と奇声をあげて砂利の上にブン投げたりした(笑)

話はM14に戻るが、漏れのM14に対する思い入れは非常に強く(「じゃあもっと早く買っとけよ」とのツッコミに異論はない)
2004年頃に見つけた2chサバゲー板のM14スレ(スレタイ忘れたがマルイからM14が出るかも?みたいな名前のスレだった。最古の物では2002年頃からあったみたい)に住み着いて想像を膨らませてたモンです(笑)

その前後にハドソン産業のHPに

「M14ガスブローバック開発中!」
とか書いてて、っていうか書かれた状態のままエアガン部門廃業するまで載ってたような覚えが(脱糞)

ちなみにエアガンを買って記事にする時は事前に「ココを撮ってあれを撮って何と何を比較して(略」みたいな感じでノンビリと記事の構成を考えたりするんだけど(と言ってもパターン化してるが)
今回のM14は棚ボタ的にゲット出来たもんだから、何から書けばいいのか正直ワカラン(泣)

つづいてテイクダウンの紹介♪

M14のテイクダウンは工具無しで出来ちゃうんだ(゜∋゜)



テイクダウンにはトリガーガードを真下に力強く引っ張ると。。。

このようにトリガーガード一式を取り出すことが出来て


機関部をストックから前にずらせるようになるから

そのままストック内のコネクタに注意しつつ機関部を上前方に引っ張ればストックから分離することが出来ます。

メカボは黒色の物が初期ロット(発売直後に買ったそうな)で
その他の色が1st以降のロットと聞いたがどうなんだろ?

しかし見るからに分解がめんどくさそうなメカボで、初期の物はタペットプレートが折れやすいそうなんで
そう遠くない内にバラさねーといけねーんだろうけど
それが今日じゃなくてよかった(喜)


つづいて金属パーツのご紹介♪

・・・というよりプラの部分はストックとトップカバー位で他は全部金属だった♪

その為、重さを量ってみると3.6キロあったんだが
せめてリアサイト下の機関部だけでもプラで作ってくれてたらもう少し軽く設計出来たんじゃねーのかなーと思った。


しかし重さと引き換えに剛性面はストックとの結合部が多少ギシギシするものの、しっかりしてる。

つづいて細部のご紹介♪

(ボルトキャッチ)
実際ボルトキャッチかどうか知らんが、ココは可動しなかった(泣)

なんに使うんだコレ?(゜∋゜)?


(刻印)
テキトーでいい加減な性格が災いしてか、M14に限らず、個人的に最も拘りを持たない部分なんで知識は全くないんだが
スプリングフィールドと書かれた刻印が打たれてる。


(リアサイト)
リアサイトはM4やM16A2のソレと同じように、ダイアルを用いて上下左右に調整出来る。

横方向の調整は右側のダイヤルを用いて行い。。。


上下の調整は左側のダイヤルを回して行います。


(上最短・下最長)
近くの目標に当てるにはリアサイトを縮めたじょうたいで
遠くの目標に当てるにはリアサイトを伸ばして撃つそうだぬ。

アミバ「この距離の敵に当てるにはココだあ~♪バンバン!
アレ?間違えたかな~」

くだらねーから次に進みます。


(チャーハン)
チャージングレバーはなかなか凝ったギミックが仕込まれてて

レバーを引くと


(上引く前・下引いた後)
ボルトが反転してクルっとなって面白い(喜)
店長さんも一発も撃たなかったとはいえ、シャッキーン♪遊びしてた痕跡があったんだが
コイツは癖になるぜ(゜∋゜)
そして調子に乗って何度もやって割れるまでがテンプレ


ホップ調整ダイヤルはマガジン挿入口付近にあるんだが
「どうせイジくってホップが効いた状態で保管してたんだろな」
と思いつつホップが効かない方向にダイヤルを回すとソレ以上回らんかったから感心した!
HOP最弱の状態で保管してくれてたのね。


でも新品とはいえ、購入から10年経過しとけばチャンバーパッキン交換しねーといけねーんだろうけど(メンドクセー)。。。




(セレクターレバー)
レトロな自動小銃なだけに、セイフティレバーとセレクターレバーは個別になってて
セミ→フルの切り替えは機械的(機械だが)な動作をしてくれて楽しい。

「A」が手前側に来ればフルオートなんかな?


(パットプレート部)
パットプレートにもギミックがあって


手前側の部分を引き出せば

フルオート射撃時に反動を抑制する為の肩当が姿を現す。
もうちょっと角度が下だったら実用性もありそうだけど、調整出来るんかな?(゜∋゜)?



古い電動ガンなので当然ながらコネクタはラージ専用の物になってるんで
ラージ→ミニ変換コネクタを取り付けてミニSDバッテリーが使えるようにした。

それとM16A1と違ってAKスティックバッテリーは入りませんでした。


んで、そうこうしてると「ピンポーン♪」と玄関のチャイムが鳴り
出てみると宅配便のオジサマで、ブツを受け取った。




(届いたブツ)
昨日は某通販ショップでM14の多弾マグとG&PのM14 タクティカルスコープマウントベースとやらを購入♪

正式な商品名は「GP446 M14 タクティカルスコープマウントベース」

このスコープマウントベースは2700円位の物で
レビューを見ると大方好評のようだが、稀にハズレがある(真逆の書き込みもあったし、どっちが本当かワカラン)ようなこと書いてたが
たいていの場合俺はハズレを引き付ける才能があるんでとっても不安だぬ(゜∋゜)

セブンイレブンのクジですらも一回も当てたことねーしな。


(マウントベースセット)
マウントベースは本体の他に


取り付けに必要な六角ネジとワッシャーの他に上下調整用の工具が入ってました。



付属の調整用工具は、こんな感じでマウントベース上の特殊なネジを回すことで
狙点の上下調整が出来るそうだけど
素面で歩いててもフラフラしてしまう程に平衡感覚が無いオイラにはまず調整出来ねーだろうな(゜∋゜)


取り付けには六角レンチが必要だったぬ(゜∋゜)



(マウントベース本体)
画像上から「上・右・左」。
銃本体への固定は


リアサイト前のこの部分と

チャージングレバーの反対側にある穴ぼこの二点で止めるんだろうな~と思って
早速取り付けようとすると



ゴツッ!
「取り付け出来ねーぞゴルア!(゜∋゜)!」


でもマウントベースのケツとリアサイトの前の部分が同じカタチな上に


ネジ穴のとこをよーく覗いてみると六角ネジがあったんで、レンチを突っ込んで回したらネジが外せて
リアサイト前のブロックみたいなのも取り除くことが出来た(゜∋゜)


あとはブロックを取り除いた後の溝にそって




マウントベース本体を横からハメ込んで固定して


チャージングレバー横の穴ぼこに付属のネジを入れて

マウントベースの取り付け完了♪

このマウントベースのイイところはレールの位置がヒジョーに低いから
マウントベースを装着したままアイアンサイトで狙う事が出来るとこと



本体側との最低限のクリアランスがあるから、チャージングレバーを引いてシャキーン♪することが出来る所ですな。
とは言っても値段が値段の安物だから悪い点もあるんだが(後述)

さて、コイツに取り付けるスコープは




頂き物のニッコーのナントカカントカスコープで
マウントリングは今年の初め頃に買ったハイマウントリング(高さ20mmとかだったかな?)でマウントベースに固定。

手持ちのローマウントリングで取り付けしたかったけど部屋中探したけど見つからんかった…orz

はてはて。。。
一体どんな全体像になるやら・・・







(スコープ装着M14)
スコープ取り付け後の見てクレはイイのか悪いのかワカンネーけどハイマウントな分、首をあまり寝かさなくていいから
慢性的な片頭痛持ちの漏れ的には首への負担が少なくて、構えててもラクチンだったぬ(゜∋゜)

あとは何もせずに持っとこうと思います(金ねーし)。。。

それと、さっき書いたこのマウントベースの悪いところだけど
ほんの気持ち左側に曲がってたorz

簡単に修正出来たからいいけど。

※手曲げで(失笑)

※というのは冗談で、マウントベース側でイモネジを用いて微調整できます。






(ピックアップ)
毎度お馴染みの六面撮り以外に、スコープを強調した撮り方をしてみたけど
写真のセンスが絶望的にねーからダメダメだな。

それと取り付けてあるスリングベルトはマルイM16A1推奨の物でテキトーに掛けてあるんだけど
M14に似合うスリングベルトってどんなタイプのがあるんだろ?

得意(失笑)のグーグル画像で後で調べてみよう♪


最後にスコープを取り付けた状態のM14の重量を計ってみてーと思います(゜∋゜)>



(AK47タクティカル)
手持ちのエアガンの中で一番重い(4キロ)AK47豚クティカルくん

ベトナム戦争時代。
米兵達は、図体がデカくてクソ思いM60の事をブタ野郎と呼んでたそうだが
オイラは手持ちのAK47タクティカルのことをクソ野郎と呼んでいる。

見た目も暑苦しくて見るに堪えないから夏場は押入れに放り込んで極力視界に入らないようにしてた。

ぞなもしAK47関は今回も豚子山部屋の主の座を守れるか!?


(M14+スコープの重量)
なんか画像だけ見ると、ありえないくらい巨大なスコープの重量を計ってるように見えん事も無いが
M14+スコープのほうがAK47タクティカルよりも若干重かったな(゜∋゜)

似たような重量でもフロント部分がヘビー過ぎるAKと違って
M14は重心がフロント側に寄りつつも、前後の重量配分が良いので長時間持ってても体への負担が少ないですな。


それと気が付けば我が家の電動ガンの数は九丁になり
今回M14をお迎えするに当たり置き場所が無いもので
手持ちのM16A1爺は解体して保管する事にして
そのフロント周りをXM177E2に掛けあわせてM653バーンズタイプにしちゃったんだ♪







(M16A1カービン)
14.5(?)インチバレルでM4カービンのご先祖さまに当たる(と思う)M653。

今更コッチに仕様変更した理由は。。。


ナム戦装備をするためでもなく


(オペレーション・ローグ)
ロジャー・コーマン尊師制作にして、デッドライン時代からの漏れの大好きな超B級アクション映画である
「オペレーション・ローグ」のマーク・ダカスコス兄貴風コスがしたいからだったりするんだが(脱糞)

フィリピン軍協力の下で作られた映画なだけに、貴重なフィリピン軍の装備をじっくり堪能できる作品でもありやす(誰得・変なの大好きオレだけ得)。


(スタンダードM4A1カービン)
今年は年始にマルイのM4A1を買って以来

K本マンから貰ったマルイAK47


九月に買ったCYMAのCM031ことAK74


先々月に買ったビミョーなCYMAのM16A3
そして今回のM14とゲットしてきたけど


サバゲでは相変わらずM4かクリンコフしか使わねーだろうな(脱糞)

通常の三倍の速さで老化が進んどる(見える!私にも年金手帳が見える!)もんで
フルサイズはきついでござる(´∋`)


今回は分解する理由も無いし(ヨダキズ)、外観レビューに終始するカタチで終わるけど
そう遠くないウチにタペットプレートがぶっ壊れるだろうから、その時に分解編を書きてーと思います♪

★当ブログ内エアガン記事一覧★

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM中華エアコキM1カービン

マルイAK47

G36Kにマグプルタイプフォアグリップ取り付け

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

マルイG36Kオプション取り付け

マルイM3スーパー90

東京マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフ

CYMA・M16A3


CYMA・AK74


AK47・AK47EBR・AKS74U

エアガン記事一覧
メインブログ





同じカテゴリー(武器庫)の記事画像
S&T電動ブローバックG36V(G36A1)徹底レビュー&分解メンテ720HD(UMAREX)
AGM 中華エアコキM1カービン購入♪(レビュー&分解レポ)
東京マルイAK47レビュー&分解・完結編 720HD
CYMA・AK47タクティカル(cm028c)レビュー&分解編720HD
マルイM3スーパー90
東京マルイ次世代電動ガンG36K購入
同じカテゴリー(武器庫)の記事
 S&T電動ブローバックG36V(G36A1)徹底レビュー&分解メンテ720HD(UMAREX) (2016-06-23 08:00)
 AGM 中華エアコキM1カービン購入♪(レビュー&分解レポ) (2016-04-28 06:12)
 東京マルイAK47レビュー&分解・完結編 720HD (2016-04-05 08:44)
 CYMA・AK47タクティカル(cm028c)レビュー&分解編720HD (2016-03-14 12:11)
 マルイM3スーパー90 (2016-02-03 17:40)
 東京マルイ次世代電動ガンG36K購入 (2016-01-04 17:54)
Posted by ムスタファ at 07:56 │武器庫