2015年09月03日

CYMAのAK74を購入♪(㎝031)

「9月2日」

この銃の初速測定結果はコチラ♪を見てね
(↑文字クリックでX3200による初速測定記事にジャンプするよ)

CYMA・AK74(cm031)初速UP編はコチラをみてね♪
(↑文字クリックでAK74ロングノズル・90スプリング・メタルチャンバー装着記事にジャンプするよ)
第一部レビュー編
※お知らせ・2016/3/17ver1.2※
★約5割の画像を本日新規に撮影した高画質の画像に改訂
★ドットサイト、その他オプション類に関する追記
★分解編での不備を補足

これからも当ブログをよろしくお願いします♪

先日は某激安ネットショップにてCYMAのcm031ことAK74をゲット♪
今まで何となく(流石のおれですら)電話での注文が出来なそうなショップだったから利用したことが無かったんだけど
身近な所で意外な人が楽天の会員だったんでオデの代わりに注文していただいた★

ちなみに今回買ったAK74は第三希望のトイガンで
本当はAK105→JGのAMD65→AK74の順に欲しかったけど
何処にも在庫が無かったんでAK74を買う事に。。。

でも新しいエアガン買った所で仕事の関係で当分の間平日しか休みがねーから、サバゲー出れないんだよな(°∋°)

あ~たまんねーサバゲーして~


(ブツ到着)
話は戻ってブツが到着したのは昨日の昼間の事。

通販で買った物が届いたとき包装紙を破る瞬間がたまらなく楽しいのは漏れだけじゃないハズ?

ワクワクしながらハサミで。。。






プチプチをチョキチョキして銃本体を取り出してみた♪

普段エアガン買った時なんかはダンボールや緩衝剤なんかで二重三重にくるまれて配送されてくるんだけど
このお店は必要最小限の梱包でスムーズに開封できた!

安さの秘密はこの辺りにあるんだろうな(°∋°)



(説明書)
とりあえず説明書から見て行こうかな?
先ずは表紙見てみると、このシリーズはAK74の他にAK105もラインナップされてるのねん♪

CM031Bとか書いてるがコッチが一番欲しかったな~




ページをめくってみると銃の取扱い上の注意点やパーツリストとか書かれてるな。
バッテリーはCYMAのAKとしては珍しくストックの中に収納するんだな。


アレ?アンタどっかで会わなかったっけ?(国産的な意味で)

つづいて他の付属品の紹介


他には小学生ですら使うことを躊躇しそうな超高級スリングと


銀玉テッポウとバツグンの相性がありそうな精密BB弾に



フロントサイトを調整する際に必要な工具の以上三点♪
昔のチープガンとか買った時は頭の悪そうなシューティンググラスやヘンなメダルが入ってたりしたもんだけど
最近の中華は控えめだな~(°∋°)








(マガジン未装着AK74)
つづいて本体のご紹介♪





(マガジン)

マガジンはゼンマイ式の多弾マガジンで装弾数は500発とマルイのAK多マグに比べて100発少ない。

ノマグを揃えようにも、74タイプのノマグって高いんだよな(°∋°)



そんで本体に装着してみるとマガジンが左右にガタつくヨー(泣)
手持ちの他のAK共に着けても同じ症状が出るからマガジンそのものが緩いんだろうな。

実用性には問題ねーし、いちいちこまけーこと気にしねー性分なんでこのままでいいや(野人)。








(AK74マガジン装着)
マガジンを装着してみるとこんな感じ♪
16系の銃はマガジン無しの状態のほうが好きだけど、AK系はマガジン付いてるほうが締まって見えるのねん(°∋°)

AK74の思い出としては七年位前に近所のヤマダ電機のエアガンコーナー(現在は既に撤去されてる)で見かけた
マルイの次世代電動ガンAK74MNを見て一目惚れしてしまったもんだけど、現在は廃盤になってるのね(泣)

当時は「ハンドガードやグリップの色が真っ黒なだけでこんなにカッコよく見えるもんなんだな~」と思ったもんだけど




(上AK74下AK74M)
AK74とAK74MNでは色の他にハンドガードの形状が違ったり折り畳み式ストックになってるって知ったのはつい最近(脱糞)





(シリア軍)
それと実銃のほうでは内戦初期のシリア軍の第四師団、一部の共和国防衛隊等のアラウィ派を中心とした精鋭部隊に使用されてる所をちょくちょく見かけたけど、最近じゃあまり見かけなくなった。

つづいて金属パーツの紹介♪










金属部分はアウターバレル、ガスパイプチューブ、フロントサイト、フラハイ、トリガーガード、トップカバー、セレクター、リアサイト、ストックパット、前後スリングベルト引っ掛ける所他

まあスポーツラインなんでマルイのスタンダードAK47の金属パーツ配置と全く同じ感じなんだが
今現在CYMAがcm028(スポーツラインAK47)に代わる型番として販売してるcm522(同じくAK47)なんかは
トップカバーとアウターバレル以外ほとんどプラで出来てる(そのかわり更に安さに磨きが掛かってるんでプラスに考えればお得なんだが)みたいだから、cm028シリーズの在庫があるうちにもう一丁確保しときたいところだぬ(°∋°)


つづいてバッテリーを入れる所はというと


トップカバーを空けてと♪


アレ?バッテリー繋ぐコネクターがねーぞ(°∋°)
おれにボロつかませやがったな!ムッキー!(°∋°)



と怒り狂ってもう一度説明書読み返してみると・・・、ていうかさっきバッテリーはストックの中に収納すると説明書で読んだのすっかり忘れてた鳥頭というオチ(真空跳び脱糞)






(バッテリーの収納)
バテリーはストックプレートのフタを下にずらせばそのまま外れる造りで、中にはミニSDバッテリーに対応したコネクタが入ってた♪
M16A1のストックはミニSDに限らず、頑張ればAKスティックバッテリーが収納出来たんだけどコイツのストックのスペースではSDしか入らねーな(°∋°)



(マルイ・スタンダードAK47)
つづいてこの間K本男から貰ったマルイの固定ストック化AK47Sとの比較♪



(上CYMA・AK74下マルイ・AK47)
Stg44譲りのモダンな外観と無骨な印象のAK47と近代化されたAK74後期型では好みの別れるところ
AK47の場合は装備品との組み合わせでツブシが効くのも魅力の一つか。

つづいて細部の比較♪



(フラハイ)
AK47と74の真っ先に目につく相違点の一つフラハイの比較♪

47ではオマケ程度にチョコン♪と付いてるハイダーも74では消炎と反動抑制の二つの効果をもつ少し大き目の物がついてる。





ちなみにAK74のフラハイを外すと・・・


こんな感じでゴツゴツした16mmの正ネジ六角ナットが姿を現し、このナットを外せば14mmの逆ネジになってるんで
市販の14mm逆ネジ対応のサイレンサーを装着できる。



つづいてガスパイプの比較



(上AK74下AK47)
ガスパイプの形状もAK47ではなだらかな曲線なのに対し、AK74は直線基調なカクッ!カクッ!って感じでほぼ垂直で小ぶりな造り♪


(左AK74右AK47)
金属製の47マガジンに対して74マガジンは軽量なプラで出来てる。


(AK47⇔AK74マガジン入れ替え)
ちなみにそれぞれのAKに両方のマガジンの互換が効くから、CYMA・AK74にマルイスタンダードAK47のマガジンを装着することでAK103気分を味わうことも出来る。

他にも


(CYMA・RPK74マガジン)
CYMA・AK47タクティカル(cm028c)に取り付けてるCYMAのRPK74・800連マガジンをAK74に付けてみたがなんか微妙(笑)

プラスに見れば、このマガジンを付けることで鬼畜仕様のAK74に変身することも出来るな(゜∈°)


つづいてハンドガードの比較♪





後期型74のハンドガードは滑り止めのリブが付いてるから手袋越しでもしっかり保持できる。

47用のパーツでRASレイル付きのハンドガードは沢山商品化されてるが、リブ付きのみのハンドガードが販売されてないのは残念な所


(上AK74下AK47)
トップカバー部は意外なことに



マルイのAK47にそのまんまポン付け出来た♪

その逆も出来たんだが実銃でも互換あるんかな?(°∋°)?




グリップも74はチェッカリングの付いたデザインになってて持ちやすい。


やはり手袋装着がデフォのロシアでは47のパイパングリップでは厳しいのか。


(上74下47)
ストックは



外観上の目立った違いは74のストックにヘンなへこみがあるのと47に比べてストックの角度がレシーバーに対して水平になってるくらいかな?


実銃のAKM・AK74では反動抑止の観点からストックの角度を水平にしてるそうだが、トイガンでは47の下に垂れたストックのが構えてて首が疲れない(当者比)

つづいて各種小物類の装着




(スリング)
こちらのAK74にはマルイのAK47スリングがそのまま装着可能♪

マルイAK47ユーザー的にはマガジン、バッテリー、その他スタンダードAK47関連のインフラをそのまま引き継げる所はありがたい。

つづいて、このAK74に装着可能なバヨネットの説明♪



(AKM・AK74バヨネット)
こちらのバヨネットはマイクロエース(旧アリイ)のコンバットセット「AK74銃剣」♪

エルエス時代は1500円だったがビミョーに値段が上がってたorz

刃の部分はペラッペラのゴムなんで、形を整えるのにヒジョーに苦労する



(ワイヤーカッター)
ちなみにこのAKバヨネット。

実物では鞘の部分の凸部に銃剣の刃の穴をかける事でワイヤーカッターとして使う事も出来るそうな。



そんなバヨネットをAK74に装着してっと。。。



(着剣)
バヨネットを着け剣したAK74の外観は
「これぞまさしく軍用ライフル。」
といった風格を醸し出してくれるが、全体が真っ黒な後期型AK74では銃剣本体のオレンジ色が浮いててマヌケに見えるな。

木ストの初期型AKMやAK74だったら似合うんだろうけどorz


(上CYMA・AK74・下マルイAK47)
ちなみに着剣ラグが無いため、AKバヨネットを着けれないAK47。

実は



フラッシュハイダーを外して


クリーニングロッドを取り出し



アウターバレルにバヨネットを装着して、フラッシュハイダーを締め上げれば


(AK47着剣)
着剣ラグの無いAK47でも裏技的にAK74バヨネットを付ける事が出来ます(脱糞)

以上でAK74の外観レビューとAK47との比較を終了♪



(M16A1)

ちなみに今回ご紹介したAK74は我がボンビー共和国軍一のジジイ(17年物のポンコツ)電動ガンM16A1の後継として買ったんだけど
一年でも長く長持ちさせたいな~(°∋°)



(CYMA・AK47タクティカル)
それと購入に際して一つ不安だったのはAK74銃本体の重量!

あまりの図体のデカさと重量の重さから、サバゲで一度使ったきり押入れの横綱と化した(寧ろどっちが押入れか分からないくらい押入れとの一体感が出てきた)AK47タクティカルと同じ道を進んで欲しくなかった物だが
現物が来たときに箱の軽さに拍子抜けした(脱糞)


重量を量ってみると3キロと、M4A1カービンとあんまし変わらなかったからサバゲでも余裕で使えそうですな(°∋°)

第二部メンテ編

CYMA cm031

同じ商品を買った人のショップレビュー見てると「緑色のじゃなくてまともなグリスが塗られてた」とか書かれてて
オイラのもそうかな~?(期待)と思ってたが世の中そんなに甘くなかった(泣)

バッテリー繋いで撃てるかどうか確かめる為に三発程試射してみるとノイズはそんなにしなかったもんだから期待してたんだけどな~

海外エアガンはメンテ必須なんだな
(それも最底辺に位置するCYMAだからあたりまえたいそうか)

分解開始!


このAK74はマルイのAK47と全く同じ造りになってて分解には


マガジン挿入口付近フレーム下のフロントキットとの結合部のネジ四本を外し



グリップのネジを外して





セレクターレバーを外し



トップカバーを外してAK47Sではバッテリーを置くプレートの小さいネジを取り


ホップ調整レバーのツメのネジをはずし

※2016年3月追記※
この画像だけAK47タクティカルの物で代用してます。


ボルトとスプリングガイド一式を外して



フレーム→チャンバー部を止める二本のネジを外し




本体とストックを結合する三本のネジを外してメカボと繋がるコネクタを外せばゴミバコ・・・じゃなくて、メカBOXが取り出せます。


んで、メカボをバラした際にフレームから謎のネジが落ちたんだけどcymaだから気にしない(国産なら大事だが)


トリガーガードを外すと早速緑色した頭イカレグリスが姿を現した。

おれ「やあ!ゴミグリスくん、久しぶりだね♪」
緑グリス「んごご・・・一年ぶりだな・・・早く成仏させてくれ・・・」


だいぶ割愛(という名の手抜き)したけどCYMAのAKメカボの詳しい分解手順についてはコッチの記事に詳しく書いてますだ。

ちなみにこのゲリBOXのネジも全てプラスネジになってた♪では早速メカボオープン♪




メシ食う前で助かった(その後の食欲も無くなるが)。。。

メカボ自体は以前買った同社のcm028cのより変なキズがかなり少なくなってる
しかし緑のクソグリスは相変わらず気持ちワリーな(°∋°)



デチューンは弱いスプリングに換えてある感じだったんだが、箱に外付けされた初速表見る限り最高値が88とかだったんでグリス塗り替えるだけで90位いけそうかな?





メカボを含む、全てのパーツに付着したイカレ頭グリスをブレーキパーツクリーナーで除去して
得意(失笑)のママレモンで洗って完全に洗ったパーツを乾燥させ
待っている間に


チャンバーパッキンをマルイ純正の物に交換♪


(意外とまともなCYMA・cm031純正パッキン。捨てたけど)

でも今回のCYMA AKは前回のパッキン類総とっかえしたCYMA AKと違って、全部のパッキンがそのまま使える程まともだったのに驚いた!
その為メンテに掛かった費用はブレーキパーツクリーナー196円+ホップパッキン代350円で済んだヨ!

ちなみに本体価格は16480円也♪

マルイのスタンダードAK47の某激安店の値段が20000円程度なのを考えると
今回のAK74がそこまで安いか、或いはお買い得感はどうかは微妙なところだぬ(°∋°)




後はシムをマルイの物に換えて少し遊ぶ程度のかなりテキトーなシム調整(プラス思考的に見てある意味リアルAK脱糞不可避)をして






後はマルイのグリスをCYMAメカボみたいに考え無しに(さすがにシリコングリスとの塗り分けはするが)べっとり塗ったくってメンテ完了♪

クソ配線の入れ替え作業と平型ヒューズ化作業をしたい所だが、時間が無かったもんでまた改めてチャレンジした時には記事にしたいと思いますな♪

ちなみにコイツのヒューズ25アンペアのヤツが入ってて何でそんなに強気なんだと突っ込みたくなった(笑)








(CYMA・AK74ドットサイト装着)
その後メンテしたAK74にアーミーフォースのAK47用スコープマウントベースを装着してドットサイトを載せたり
試し撃ちしてみたらモーターノイズがうるさくて、モーターエンド部の調整をしたらノイズも無くなってホっとして
500発程撃ちまくってみたらグリップを持ってられない位モーターが熱を持ち出したんで
メンドクセー配線入れ替え作業やらねーといけねーな。

※その他※
このAK74(CM031)に流用可能なマルイAK47用互換パーツ
スコープマウント(フレーム下とリアサイト部の三点留めタイプ)
マルイAK47対応ストック一式(cm031はストック取り付け基部が47と同じ角度のため)
マルイAK47用フレーム
マルイAK47用ハンドガードは未確認だが長さは同じなので恐らく可能
マルイAK47用マガジン一式


おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

マルイAK47スタンダード

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)





同じカテゴリー(武器庫)の記事画像
クラウンモデルU10シニア(ブラック)購入レビューの巻(720HD)
S&T電動ブローバックG36V(G36A1)徹底レビュー&分解メンテ720HD(UMAREX)
AGM 中華エアコキM1カービン購入♪(レビュー&分解レポ)
東京マルイAK47レビュー&分解・完結編 720HD
CYMA・AK47タクティカル(cm028c)レビュー&分解編720HD
マルイM3スーパー90
同じカテゴリー(武器庫)の記事
 クラウンモデルU10シニア(ブラック)購入レビューの巻(720HD) (2016-10-05 19:32)
 S&T電動ブローバックG36V(G36A1)徹底レビュー&分解メンテ720HD(UMAREX) (2016-06-23 08:00)
 AGM 中華エアコキM1カービン購入♪(レビュー&分解レポ) (2016-04-28 06:12)
 東京マルイAK47レビュー&分解・完結編 720HD (2016-04-05 08:44)
 CYMA・AK47タクティカル(cm028c)レビュー&分解編720HD (2016-03-14 12:11)
 マルイM3スーパー90 (2016-02-03 17:40)
Posted by kouichi-wanwan at 18:58 │武器庫