2017年04月06日

WW2新作戦争映画「アイアンクロス・ヒトラー親衛隊SS装甲師団」簡易レビュー



(アイアンクロス・ヒトラー親衛隊SS装甲師団)
(↑文字クリックでアルバトロスの商品ページにジャンプするよ)

(アイアンクロスYOUTUBE予告)
ナチス最強の部隊 最後の戦い

1第2次大戦末期、ドイツと連合軍の激戦が続くヨーロッパ戦線
地獄の戦場を転戦するナチス武装親衛隊装甲師団
生きるために戦う。それが兵士たちに残された唯一の道だった

ナチス親衛隊の視点から戦場の恐怖と真実を暴く、衝撃の戦争大作!

☆ストーリーの概要☆
※1943年。第1SS装甲師団のヘルケル伍長は、ナチス親衛隊の標語「忠誠こそわが名誉」を信じ、祖国のために戦う決意に燃えていた。

だが、東部戦線から西部戦線へと激戦地を転戦する日々の中、ヘルケルは、捕虜虐殺・ホロコーストといった戦争犯罪の恐るべき実態を知ってしまう。

「俺は、何のために戦っているのか?」疑問を感じながらも、戦い続けることしか出来ないヘルケル。

やがて戦局は悪化し、追いつめられた第1SS装甲師団にも最期の日が訪れた……。


■ 原題:MY HONOUR WAS LOYALTY: LEIBSTANDARTE
■ 品番:ALBSD-2100
■ POS:4532318411736
■ 画角:シネスコ
■ 字幕:日本語字幕・日本語吹替
■ ドイツ語・英語版
■ 片面1層

■ 制作国:イタリア
■ 制作年:2015年
■ 収録分数:116分
■ 音声:DOLBY STEREO
■ 発売:ニューセレクト株式会社
■ デカ字幕採用
■ 特典映像:予告編


アルバトロスフィルム様HP「アイアンクロス ヒトラー親衛隊《SS》装甲師団」商品ページからの引用。

さて、昨日はツタヤで第二次大戦物の戦争映画「アイアンクロス」を借りてきた〈(^ω^)〉

この作品のリリース情報を知ったのは先月の初め位で、ツタヤの新作リリースのパンフに載ってたんで
出たら速攻で借りようと思ってたんだ♪

この作品の珍しいのは何と言ってもドイツ軍親衛隊の一兵士の視点から物語を描いてる所で
しかもイタリア映画って所なんだよね(脱糞)

親衛隊視点の戦争映画と言えば、クソ映画愛好家の界隈で有名な


(パンツァー鋼鉄師団)
パンツァー鋼鉄師団(合言葉はキモいデブメガネ将校)って作品が有名だが、コイツはどうしようもない低予算のポンコツ作品で
新作時代の2001年にワクワクしながら借りて観たことがあったが、ズコーッ!って感じだった(;^ω^)

とは言え、クソ映画でありながらも観る者をグイグイ引き込む何かを持ってる戦争映画だったんで
一昨年ダイレックスで売られてた所を保護した(笑)

予告で見る限り、今回借りてきた「アイアンクロス」もいかにも低予算な映画といった感じで
パンツァー鋼鉄師団と同じ匂いがしたもんだが、一つだけ言える事は

意外と頑張ってた!
・・・・・低予算な戦争映画としてはだけどね(;^ω^)

そもそもハデな戦争作品を作ろうにも、ナチを主人公側として扱ってる以上
スポンサーも付かんだろうし、結果として同好会レベルの低予算映画しか作れないんだろうな。

でもくどいようだけど、それでも頑張って作られた作品だと思うよ(V)o¥o(V)

次に冒頭部分と、その直後の戦闘シーンを紹介するけど、まだ半分までしか観てないから
簡単に紹介するね♪






(主人公)
この作品の主人公「ルートヴィッヒ・ヘルケル」伍長。

冒頭では森の中でタラコ唇のフィアンセと「アハハハハ♪」と戯れとるが
戦況の悪化を憂いてSSに志願するも、この主人公は他民族へのヘイト感情は持っておらず
純粋に国を守るために志願した感じだ。

最初のシーンでパトロール中にロシア軍による待ち伏せを受けるが
この時は部下を率いる身でありながら、一時的にとは言え、ビビッてライフルを捨ててトンズラする醜態を見せる。

コレ以降の戦闘で、どんな兵士になっていくのか楽しみだで。



(軍歌)
この後、占領地を行進するシーンがあるんだが
この場面では親衛隊の軍歌を歌っとる(脱糞)

余計なお世話かもしれんが、今のご時世で大丈夫かコレ?と心配をしてしまう(;^ω^)



(装備)
当時のドイツ軍の服装等の個人装備に関しての時代考証に関して、恥ずかしながら知識がねーもんだで
よく分からんのだが、1943年以降の戦闘シーンでは夜戦迷彩服を着用しとる。

この迷彩服を着こんだドイツ軍は、好戦的な狩猟民族のような独特な威圧感があるが
四季を通しての戦闘が描かれてる作品なので冬季装備も登場するよ♪

ちなみに、アメブロの方で、この手の装備でマンドリン持っとるシブいオジサマが居られる。

ドイツ軍側の小火器はモーゼルMG34、MG42、98K、Gew43、StG44、MP40、PPSh41他

最後に冒頭のワリとスケールの大きい戦闘シーンの紹介♪




(冒頭のクルスクでの戦闘シーン)
アイアンクロスの冒頭の戦闘シーンは、独ソ両軍の戦闘機・急降下爆撃機(yak、メッサーシュミット、ju87)が乱舞するクルスク戦で始まる!

この作品の素晴らしい所は、低予算作品のクセにダラけた場面も少なくてテンポよく物語が進むとこと
最大限スケール感を出す努力をしてる所かな?

後者に関しては「あらら、言わんこっちゃない。。」な部分もあるが(後述)





この道路を挟んだ向かい側には広大な高原があり、そのさらに奥の森からロシア軍部隊が攻勢をかけてくる!

ドイツ軍の各装甲車両の後ろには歩兵が随伴しとるね(V)o¥o(V)





(ドイツ軍装甲部隊)
迎え撃つドイツ軍の戦闘車両はパンター戦車、タイガー1戦車、ヘッツァー駆逐戦車、マーダー自走砲他。

メジャー所でもないのによくこれだけ集めたもんだと感心する(;^ω^)



(ロシア軍の攻勢)
そこにソビエト軍の得意技ウーラー攻撃が!

ロシア軍側の戦車はSU85、M3スチュアート、T34が登場する。







(ドイツ軍)
それを迎え撃つドイツSS部隊!

パンターの主砲やsdk251の車載軽機から鹵獲したマンドリンまで全ての火力を駆使してロシア軍を迎え撃つが。。。







(苦戦するドイツ軍)
ドイツ軍を覆うように扇形に攻勢をかけるロシア軍の大兵力の前に苦戦し
徐々に後退を余儀なくされる!

ちなみにこの戦闘シーンだが、広大な大地で撮影してるにもかかわらず
カメラの絶対数が少なくて、怒涛のように進撃を仕掛けるロシア軍側の役者と、その展開を撮り切れていない(脱糞)

その為気が付いたら「もうここまで来てたんかい!?」って場面がけっこうある(;^ω^)


(ヤッチマイナ!)
ここからは、ほぼ一方的なロシア軍の勝利場面になる。

ロシア軍将校は「一人も生かすな!」的な雄たけびを上げる。









(ドイツ軍の敗北)
最初こそ善戦したドイツ軍だったが、航空戦力と戦車の支援を受けたソ連軍の人海戦術になすすべもなく
瞬く間に包囲されてせん滅されてしまう。

ロシア軍側は正規軍(女性兵士の姿もある)の他に、パルチザンもおるが
相当凝った装備しとるね(;^ω^)

PPD短機関銃持ってる兵士もおる。

たぶん向こうのリエナクターも出とるんだろうなア。

ちなみにこのロシア軍部隊、上官の「ドイツ軍を皆殺しにしろ」との命令を受けたにもかかわらず
逃げ遅れたドイツ兵を暴行する事も無く、無慈悲に捕虜にしてしまう(脱糞)

そんな中。。。


(ドイツ軍捕虜の逃亡)
一人のドイツ兵捕虜が物凄い勢いで逃走する!


ロシア軍将校「逃がすな!殺っちまえ!」


そして監視の兵はドイツ軍捕虜を射殺せず、足を撃って命までは取らないという(脱糞)

この後の展開は、主人公の視点で東部戦線から西部戦線、そして終戦までストーリーが続くけど
終戦間際の展開は泥沼な雰囲気になりそうな感じだで(;^ω^)

これにて「アイアンクロス・ヒトラー親衛隊SS装甲師団」の簡易レビュー記事を終えるけど
続きが気になる人はアルバトロスの商品ページか、ツタヤで借りてちょー♪

おちまい
☆当ブログ戦争映画記事一覧☆

ラスト・ウォー1944

フィリピン陥落・バターン半島1942

ウィンター・ウォー

ハート・アタッカー

スターリングラード(1993)

USプラトーン

アザーズ‐捕食者‐

アイアン・トライアングル

地獄の軍団・スクワッド

アイアンクロス

殺戮の戦場

ウルフ・オブ・ウォー
★当ブログ内エアガン記事★

エアガン集合2017

S&T・G36V・C-MAG装着MG36化

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 14:01戦争映画紹介