スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年05月07日

CYMAのAKメカボ全配線引き直し&M16A1スコシカービン化





※前回までの裏スジ※

管ヒューズから平型ヒューズに取り換えるついでにお粗末な純正配線を
太い配線に取り換えるべく作業を開始♪

かろうじてプラス側の配線を一部取り換えるも、コネクターピンセットが無かったんで(ていうか、コネクターが単体で売られてる事すら知らんかった)、配線の総取り換えを断念!


↓↓↓詳しくはコチラを見てね↓↓↓

電動ガンALL平型ヒューズ化作業の巻(プラセボ)



でも後日「ガンショップ・ジョーカー」さんにコネクターを単体で販売してるか尋ねてみると
ライラクスのコネクタセット(¥800)で売ってるとの事で早速買ってきた(°∋°)


二セット分のコネクタと配線用のピンが入ってたよ。



んでその帰り道に得意(失笑)のハンズマンに寄ってプラス側配線と同じ太さ(1.25)の黄色ケーブルを買ってきたんだけど
コイツをマイナス側に使うんだ(°∋°)




(作業開始)

アカデミー電動化クリンコフをバラしてCYMAのAK47メカボを取り出して早速作業開始♪
分解の手順は前回の記事で載せてるべさ。



改めてだけど今回引き直す配線は

①コネクタからヒューズまでのプラス側配線
②モーターからコネクタまでのマイナス配線

以上の二本♪

今回はメカボ開けなくてもいいから楽だぬ(°∋°)



(ヒューズ・コネクタ間プラス配線)

プラス配線の青ケーブルに平型ヒューズの脚になる平型端子と今回買ったコネクタピンをはんだ付けして
取りあえずプラス側の作業は終了♪

経験を積めば積む程、漏れのはんだ付けは汚くなるの法則(脱糞)




はんだ付けしたピンをコネクタに差し込んで


はんだ付けしたヒューズの脚を平型ヒューズにさして


プラス側は全て太い配線に取り換え完了♪
つづいてモーターからコネクタに伸びるマイナス側の配線引き直し作業へ




モーター側ははんだで直結されてるんで、はんだを当てて
お粗末な配線を取り除いて




今回マイナス側の配線として買ってきた黄色い配線をモーター側にはんだ付け♪

ちなみにマイナス側は白いケーブルにしてかったけど
赤、黒、青以外では牡蠣に当たった時の下痢の色のケーブルしか置いてなかったぬ(°∋°)



んでもう一方にコネクタピンをハンダ付して



コネクタに差し込んで




オール極太配線化作業完了♪



(下new配線・上cyma純正配線)

改めて見比べてみるとcymaの配線がいかに細いかが分かる今日この頃。
単純に二倍ちょっと太い配線に入れ替えたんだ(°∋°)






あとは組み立てていくんだけど、配線が太くてもグリップはなんとか入ったんだけど


フレームとメカボのケツの間の隙間から配線を逃がすのに限界を感じたから
メカボのケツをヤスリで削ってなんとか配線を逃がせた(安堵)

ちなみに作業開始前に「どうせヒマだし、同じ手間ならプラス・マイナス共に二連ケーブル化しようかな?」と思ってたけど
やらなくてよかった(°∋°)






配線を長めにしたもんだからバッテリーを収納してトップカバーを閉める時に配線が邪魔でうざいのねん(泣)


早速、2,300発試し撃ちしてみたけどサイクルとレスポンスはあまり変わらなかったけど
以前と違ってノンストップ連射してもモーター部があまり加熱しなくなった(喜)

次回はマルイのAK47モーターとボトムレイルを取り付けてみてーと思います♪


クリンコフ編終了

つづいてM16A1スコシカービン化作業



(M16A1爺)

1●の頃に中古で買って以来持ち主と共に17年の歴史を歩んですっかりジジイ化が進んだM16A1先輩。

くたばる度にフレームを取り換えたり、メカボの中身を入れ替えたりしながら無理やり延命してきたモンです(懐)



(クリンコフとM16A1)

話は戻ってM16くん。

嫁が普段使ってるクリンコフを、いろいろ手を加えてくうちにおれも使ってみたくなったんだけど
嫁は小さい銃が使いたいみてーでクリンコフ以外は使わねーし
M4A1はサバゲーで過剰なまでに大事に扱ってても部品(ハンドガード、キャリハン)が脱落したり最悪紛失したりしてたから
絶対貸したくねーんで



手持ちのXM177とM653のパーツを駆使(失笑)してM16スコシカービンを組んでクリンコフの代わりに
嫁の生贄にするのだ(°∋°)



ちなみにXMのハイダーは今は無きJACの物でやんす(笑)



んで、M16A1とXME1のフレームのケツを揃えて並べてみると
XMのハイダー部分が16のフロントサイト部まで短くなるんだぬ。

早速M16A1の分解開始♪




まずはストックのパットプレートを外して




ながーいネジを外し




ストックを後ろにずらしつつコネクターを抜けばストックが外れます。

つづいてフレームの分解





フレームの大・小三本のピンを外し


マガジンキャッチのネジを外し




グリップ底部のネジを二本外してモーターを引っこ抜き



グリップ奥にある二本のネジを外せばグリップが外せます。


あとはチャージングレバーを引っ張りながらフレームを後ろにゆさゆさすれば上下フレームを分離出来るのねん(°∋°)

M16A1のフレームとメカボは微妙なバランスでくっついてるから、メタフレ組むとめんどくさそうだぬ。



個人的に何度バラしてもフレームを組む際に必ず付け忘れてしまうアイテム(脱糞)


チャンバーを引っこ抜いて


XMのフレームに突っ込んでみると


16のバレルだからアホみたいに長いのだ(あたりまえたいそう)。





XMと16のアウターバレルを入れ替えて




万が一嫁が「使わん」と言ってもすぐにM16A1に戻せるようにバレルも16の物をカットせずにそのまんま利用するんだけど
ココで役に立つのがXMハイダーくん。

XMのフロントにA1のアウターバレル組んだ状態で16のバレルを組むとインナーバレルが当然はみ出すんだけど
A1のアウターにXMハイダー付けたらインナーバレルがアウターの出口付近でギリギリ隠れる感じになるべさ(°∋°)




あとはハンドガードを被せてスコシカービンのアッパー部完成♪


また分解の逆の手順で組み立てるんだけど、案の定フレームくっ付けた後でボルトキャッチを付けるの忘れてた(天然)



A1系のストックのネジは全てのピンを差し込んでから締めるといいんだって


そうするとフレームの後ろのほうに張力が出来て、フレームからピンが抜け落ちにくくなるんだって(Jさん談)

コレにてM16A1スコシカービン完成♪








外観上はかなりビミョーで、M655(651)かXMの出来損ないみてーだな(合掌)

ベムの「はやくにんげんになりたーい!!!!」って雄叫びがきこえてきそうだぬ(°∋°)



先ずはクリンコフとの比較から
較べるまでもなくA1カービンのが断然長いですな(泣)

はたして嫁がこっちをつかってくれるかどうか・・・




つづいてストックを端まで伸ばした状態のM4カービンとの比較。

意外にもフラハイ一個分しか変わらんのね(笑)

ちなみにA1スコシカービンの全長を計ってみると950cmで全長980cmのM16A1から3cmしか短縮できてねーや(失禁)

オチとしては嫁に「悪いけど今度からコレ使ってくんねーかな?」と頼んでみたら普通に「使わん」と言われて
インナーバレル切らなくてよかったなと改めて思った(脱糞)



無駄な時間を費やしたことを後悔しつつ振り出しに戻る(泣)
おちまい&おまけ


我が家(と、言っても俺と嫁と子供しか食わねーが)で週一位の割合で食卓に並ぶ朝鮮風坦々麺その名も
「白頭山(ペクトサン)の遠雷(中二)」
オイラ根っからの激辛好き人間で、去年まで地元にあった某ラーメン店でハバネロ激辛新記録を出したことも。



ちなみに、にんにく一玉と一味唐辛子は二袋まるごとつかってるべさ(°∋°)

スープは市販のとんこつスープに、ミンチと青梗菜に唐辛子をかけて炒めたものを入れてぐつぐつ煮込んで


これまた市販の激辛ソースで炒めたモヤシを乗っければ完成♪


(オイラのペクトサン)


(嫁のヘクトゥサン)




いくら辛い物が大好きでも辛い物は素直に辛い(脱糞)



麺を食べると民族が祖国を統一するまでの苦難を
スープまで飲み干すと金日成主席が祖国独立を勝ち取るまでの苦難を味わえるとか、味わえないとか(超テキトー)


★関連記事一覧★
愛銃がアカデミー AKS74U クリンコヴになったでござるの巻
アカデミーAKS74Uクリンコフ電動化その2
アカデミー AKS74U 電動クリンコフ その3
久々のアカデミー電動化クリンコフ(AKS74U)ネタ
アカデミー電動化AKS74Uクリンコフその5変なストック取り付け作業(仮)
アカデミー電動化AKS74Uクリンコフその6(塗装編)
M16A1ベトナムタイプとXM177を交換してもらったでござるの巻
電動ガンALL平型ヒューズ化作業の巻(プラセボ)
AKS74U電動化クリンコフ


★当ブログ内エアガン記事★

S&T・G36V・C-MAG装着MG36化

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 19:38整備・コジキその他