2017年02月14日

アカデミー電動化クリンコフ部品交換と初速測定③

「部品交換と初速測定第三弾!」

(得意の過去記事からの使い回しによる手抜きTOP画)
アカデミー電動化クリンコフ紹介記事
(↑文字クリックでアカデミー電動化クリンコフ・ベース記事にジャンプするよ)
韓国のアカデミー社エアーコッキングガンであるAKS74Uに
不要になったCYMA・AK47タクティカル(cm028c)のメカBOXを移植した電動化クリンコフ!

元々が廃材利用で出来上がった銃だで、色んな事する時に使う実験台みてーな存在に(脱糞)

電動化直後のクリンコフのスペックは

外装・アカデミーAK74U
マズル・サイレンサー(10cm)
マガジン・CYMA・ワッフルマガジン
メカボックス・CYMA(洗浄&再グリスアップのみフルシリンダーのまま)
インナーバレル・マルイ
チャンバー・マルイ
HOPパッキン・マルイ

で初速は75~78程度というお粗末なエアガンだった(泣)

その後、オーナーに似てうだつの上がらんクリンコフを少しでもマシな物にすべく部品を交換!

交換した部品は

①ACE1ARMS CNCアルミホップアップチャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ダブルOリング仕様
④ライラクス・エアシールチャンバーパッキンソフト
⑤マルイM4シリンダー
⑥マルイピストン&スプリング
⑦配線純正から125に交換
⑧平型ヒューズ化

以上の仕様でようやく83程度の初速を得るも、手間暇の割に5m/sしか初速が上がっとらん結果に(泣)

その後


(AKS74U初速UP記事)
(↑文字クリックで電動化クリンコフ初速アップ記事①にジャンプするよ)
アカデミークリンコフ初速アップ記事にて再度部品を交換♪

この時の記事で交換した部品は



(左ベアリング付きスプリングガイド・右CYMA)
ACE1ARMSのスプリングガイドの一点のみ!

このスプリングガイドは、末端部分にピストンスプリングの捻じれを防ぐベアリングが挟まれてるんだが
マルイのスプリング一体式ピストンでは、スプリングの嵩上げ程度の効果しか期待出来んかったが
それでも最高87.64m/sまで初速が改善された( ^o^ )

数値的には箱出し状態のマルイMP5と大して変わらんが、初期の初速78m/sからすりゃ10m/s近く改善された(喜)

次に狙った電動化クリンコフの初速は90台で


(AKS74U初速UP記事②)
(↑文字クリックで電動化クリンコフ初速アップ記事②にジャンプするよ)
アカデミー電動化クリンコフ記事第二弾では


(左ロングノズル・右ショートノズル)
ACE1ARMSのAKノズル・ロングタイプを装着!

このノズルはマルイ・スタンダードAK47準拠のノズル長19.7mmよりも1mm長い20.7mmの長さがあり



(ノズルとメタルチャンバー)
純正よりも1mm長いシーリングノズルに交換した事によって発射時にノズルとチャンバーパッキンがしっかり密着して
気密が取れたのか最高93.20m/sの初速をゲットした(^ω^)

たった700円程度の部品代でここまで初速を改善できたのは予想外だったが
この後オイラは余計な部品を組み込んでしもた(脱糞)



(某社ver3サイレントシリンダーヘッド)
それがこの社外品のシリンダーヘッドなんだが、この部品を組んで初速を測ってみると最高値87まで初速が下がっとった(泣)

ちなみにこのシリンダーヘッド。

手持ちのマルイAK47とCYMA・AK74にも組んどるが
この二つの銃の場合は、このサイレントシリンダーヘッドを組むことで逆に初速が上がったんだよな┐(´д`)┌

フルシリンダー・ロングバレル(AK47・AK74)の銃と、加速ホール付きシリンダー・ショートバレル(AKS74U・PPSH41)の銃で相性の違いでもあるんかね?

モノ的にはシリンダーヘッド外縁部に二重のシーリングパッキンが巻かれとって、ノズル部分も一体型になっとるから気密もしっかりしとるし、決して悪い物じゃねーと思うんだがね(謎)

でも初速面でマイナス要因を出した部品とは言え、金出して買ったモンを外すのも癪だで
このサイレントシリンダーヘッドとやらは外さんまま92程度の初速になればと思って用意したのが



(スノーウルフ・ピストン)
前回紹介したスノーウルフPPSH41についとったカスタムタイプ(と言っても精度はお察しレベル)のピストンと


(スプリング)
手持ちのエアガンに付けては外される不遇なコジキ物90スプリングの以上二点!

今回の記事は残り物で造るチャーハン記事だで、記事の製作に掛かった予算はゼロ円〈(^ω^)〉

画像もある程度は使い回しが利く上に、手間暇も掛からんから作り手も楽ができるってモンだ♪

まるでロジャー・コーマンのB級映画だで(笑)


(分解前のAKS74U)
さっき紹介したスノーウルフ純正ピストンと90スプリングを組むべくクリンコフの分解を開始!

アカデミー電動化クリンコフ及び、アカデミーAK74Uの詳しい分解方法は

コチラ
を見てね♪( ^)o(^ )







(分解中の本体)
基がエアコキなだけに、アカデミーAKS74Uの構造はシンプルそのもの!

5分も掛からずに分解できる単純な造りになっとる(V)o¥o(V)

それ故にメカボ部品買った時の実験台にされとるんだが(脱糞)



(メカBOX)
メカボは購入から今年で三年目を迎えるCYMA・AK47タクティカル(cm028c)に入っとった物だが、購入時は漏れなくピッコロのゲログリスに汚染されとった(脱糞)

もう何度分解組み立てしたかワカラン、ヨレヨレのメカボだで。




(メカボ開け)
そんなメカボを開けてみると、ピストンスプリングがドッカーン!と飛び出すことなく
素直に縮こまっとった(V)o¥o(V)

毎回開く度に破裂して驚かされとったんだがね。

つづいてノーマルピストン(どっちもノーマルだが)とスノーウルフピストンの比較♪


(上スノーウルフ・下ノーマル)
赤い色のが今回交換するピストンピストンだが
ノーマルピストンとの色以外の違いは


(PPSH記事からの使い回し画像)
わりかし綺麗に整った吸気孔と


ピストン本体側面のレイル部分に付いた大きな切り欠き!

効果的にはメカボ側レイルとの摩擦係数を低減させるくらいの事しか思いつかんが
果たしてどれ程の効果があるのやら┐(´д`)┌


(ピストンリング)
その他、ピストンリングは「安心と信頼」のマルイの物を使った(^ω^)

いくら中華エアガンメーカーの品質が昔よりは上がったとはいえ、この辺りの小物部分の品質は
まだまだマルイには及ばん。

逆に言えば「パッキン」、「グリス」、「シム」、「スプリング」類までマルイに追いついたらと考えると。。。





(メカボ洗浄)
それと、このメカボも最後に洗ったのが二年前だで、ついでとばかりにママレモンで洗っといた(笑)

古くなって黒ずんだグリスと小さな金屑が洗面台の栓の周りに溜まっとるのを見るとスカッとする(脱糞)




(スイッチ部)
前回の部品交換時に薄く接点保護グリスを塗っといたスイッチ接点部は、黒ずんどったから
ヤスリで磨いて再度、接点保護グリスを塗布♪

てんこ盛りしすぎてプルルン♪としとる(V)o¥o(V)







(メカボ組み立て)
後は洗浄後乾かしたメカボとメカボパーツにグリスをぬりぬりして
メカボ・本体の組み立てを完了♪

組み立て後、トリガーを引いたらウンともスンとも言わんで「またか」と思いつつ
再びメカボを開けると案の定スイッチケースが上手い事ハマっとらんかった(脱糞)

CYMAメカボはパーツ取り付け部の溝や穴ぼこがアバウトになっとるもんだで、トリガー周りと逆転防止ラッチの取り付けで苦労する(-_-)



(部品交換後のAKS74U)
ここで再度改めて部品交換後のアカデミー電動化クリンコフの仕様紹介♪
①ACE1ARMS CNCアルミホップアップチャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ロング
④ライラクス・エアシールチャンバーパッキンソフト
⑤マルイM4シリンダー
⑥スノーウルフ吸排気ピストン(★NEW★)
⑦メーカー不明90スプリング(★NEW★)
⑧ACE1ARMSベアリング付きスプリングガイド
⑨某社サイレントシリンダーヘッド
⑩配線純正から1.25に交換
⑪缶ヒューズ→平型ヒューズに変更

以上の仕様になっとる('ω')ノ

測定に使用した弾速器はX3200・MK3
使用したBB弾はマルイ0.2g。

今回は測定前に1マガジン70発程撃ってから計測に当たる(V)o¥o(V)

俺的予想ではピストン&90スプリング交換前の87から92程度の初速になっとるモンと思っとるんだがね。

イザ測定開始!

(測定①)
70発発射後、早速弾速機にマズルコーンを当てて初速を測定してみると
最初の一発で89.17m/sの初速を出し

「おっ♪これイケるんじゃねーのか?」
と思いつつ、以下淡々と測定(V)o¥o(V)







(計測終了)
12発撃った所で初速測定終了♪

その結果は

最高値89.67m/s・0.804j
最低値88.14m/s・0.776j
と、ある程度安定しとるものの、またしても社外品シリンダーヘッドが足を引っ張るという結果に・・・orz

でも考えようによっちゃ、前回ショートノズルからロングノズルに交換した際の最高初速が93だった事を考えると
仮にシリンダーヘッドを社外品に交換せずに、90スプリング入れて初速を測っとったら規制値ギリギリの初速になっとったかもしらんから、金払ってデチューンしたと思えば、このシリンダーヘッドも無駄にはならんかったのだて(意味不明)

それに89って初速もコマンドタイプの電動ガンとしては低くは無いだろうし(手間暇考えると空しいが)

その後このクリンコフを500発程撃って初速を測ってみると、大方88~89で安定してるし、弾道もそこそこ綺麗だけど
稀に91とか出たりした(V)o¥o(V)

まあ、無駄こそあったものの初速は妥協したとして、唯一妥協出来んのは

やかましさに更に磨きのかかった発射音!
90スプリング交換前のクリンコフはNOVESKEハイダーと相まって
パカン!パカン!パカン!
って感じだったが、スプリング交換後は
パカン!パカン!パカン!
と、とにかくうるさい事この上ない!

撃つ側が苦痛に感じる程だで(泣)

ちなみにこのクリンコフくん。

今後も意地でもシリンダーヘッドを換えずに、現状の200mmのインナーバレルから
G36Kやトンプソンと同じ300mmのインナーバレルに交換し、はみ出した部分をサイレンサーで覆う感じで延長して
初速を測って最終回にしようと思っとるんだけど、俺も含めて誰も得をせん記事だし
ソレ以上に資源と労力の無駄遣いに思えてきた(脱糞)

次回はスノーウルフ・PPSH-41の部品交換と初速測定の記事を書くけど
その前に戦争映画のレビューも書きてーな(V)o¥o(V)

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 02:11CYMA

2016年11月04日

CYMA・AK47ショート化加工

「オペレーション仙人⑫」


(CYMA・AK47タクティカルcm028c加工前)
昨日は手持ちのCYMA・AK47タクティカルをカービン化するために
シェリゴさん宅に行ってきた♪



(早朝とらけんまに顔を真っ赤にして怒り狂うジュリコさん)
行ってきたつっても、シェリゴさん宅は人口15,6人程度の超限界集落だで南宮崎を朝方5時ごろ出て
着いたのは昼前の11時ごろになったった(°Θ°)

道中、先住民が放つ矢を避けながら命からがらシェリゴさん宅に到着するも、ピンポン鳴らしても出てこんから
水道の元栓を閉めて反応を窺ってみると、家の中から石斧を投げつけられた。

エアガンのメンテに於いて高度な技術を持ってる人にも関わらず、嫌がらせに対するカウンターには至極原始的である。

その後、玄関先でしばらくサイコ談議で盛り上がると

シェリゴさん「ウッホウッホーイ?(ほんでオメェ、何しに来たんだ?)」
おれ「AK47をショート化したいであります。」
ヅェリコさん「ウホ、ウッホホーイ。(あー、そうけぇー。上がれや)」

(ショート化作業中)
早速家にお邪魔(も何も、いつも邪魔しかせんが)すると写真を撮る間もなく、持ち込んだAK47をブツブツ文句言いながら素早くショート化加工していただいた。

もっといろいろメンドクセーことやんねーといけねーと思ってただけに拍子抜けしたでござるな(°Θ°)



(後ろに行くほど途中で飽きて手抜きしてるのが分かるイラスト)
ほんで、AK47のショート化のやり方としては最初にAK47のフロントサイトを外して
アウターバレル部をガスパイプの先から3センチ程度残してアウターバレルをブッタ斬って



最後に3cm程度に残したアウターバレル部にフロントサイトをネジ止めすれば
AK47のショート化加工完了!だったと思う。

そんなこんなで出来上がったのが







(AK47タクティカル・カービン仕様)
こちらのAK47タクティカルショート化仕様!

切断したパイプ部分の長さが4cm程度だで、ほんのチョビット短くなっただけなんだけど


見た目の印象としてはハンガリーのAMD65の如く、フロントサイトとガスパイプ部が直結されたような見た目になり
引き締まった印象を受ける。

その他


アウターバレル部をショート化したとは言っても、インナーバレルAK47のがそのままで切っとらんでそのまま入っとる。

AK47のインナーバレル長がアウターバレルギリギリまであることを考えると、ショート化のメリットはねーかもしんねーけど
その分サイレンサー付けてもフルサイズとのギャップは少ないんだよな。

つーことで、ナントカの一つ覚えの如く買いまくったNOVESKEタイプのフラッシュハイダーを付けた♪

つづいてマガジンの組み合わせ


マガジンを付け替えようとしてAK47に手を近づけると。。。


( ^ω^)・・・〇〇〇創建。。。




(ショート化AK47マガジン組み合わせ)
写真、上から順に
7.62mm・30連ヴァルメトマガジン
7.62mm・40連RPKマガジン
5.45mm・45連RPKマガジン

AKS74Uクリンコフみてーに短くなった分
ロングタイプのマガジンとか似合うんじゃねーかな?と思いつつ、RPK用のマガジンを装着してみたけど
正直ビミョーだで(泣)

標準の30連スチールマガジンかドラムマガジンとかだったら似合うかもしんねーな。


つづいて手持ちのAKとの背比べ♪



(AK47タクティカル&AK47)
まず最初にマルイのAK47との背比べから♪

ストックの後端をピッタリ合わせて長さを比べてみると、AK47タクティカルの方が2cm程短いが
コレはショート化の結果ではなく、AK47のストックよりもM4ストックのが短けーから小振りになったように見えるだけで
ソレゾレのトリガー位置を合わせてみるとAK47タクティカルのほうが若干長い(脱糞)



(AK47タクティカル&AKS74U)
次にAKS74Uクリンコフとの背比べ♪

AK47の時と同じく、ストックの後端を合わせてみると(NOVESKEハイダー抜きで考えると)以外にも
全長自体はそんなに変わらんかった♪

つーことでM4辺りのインナーバレルと入れ替えて、M4純正フラッシュハイダーと付け替えればクリンコフ並みの全長に短縮できそうだな?

次回の記事ネタいっちょ上がりである。



(AK47タクティカル&AK74)
最後にCYMAのAK74(cm031)との背比べ♪

近代ロシア軍の自動小銃としては珍しく、全長が900mmを超えるAK74との背比べでは
AK47タクティカルのNOVESKEハイダー部分を含めて見てもAK74のほうが遥かに長いのが分かると思う。

それとAK系の記事を書く度に書いとることだが、AK74系のカービン銃といえば
AK105が大好きなもんだで、来年頃にはゲットしてーな♪


★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 15:02CYMA

2016年09月26日

CYMA・AK74(cm031)初速UP&測定編(メタルチャンバー・ロングノズル・90スプリング他交換)

「9月25日」

(初速測定ネタ第三弾)
今年になって三回の部品交換の末に93m/sの初速を得ることが出来た

アカデミー電動化クリンコフ先輩!
元々が要らないもの同士をくっつけて出来上がった急造電動ガンだで
躊躇することなくメカボ配線交換や、その他の社外部品交換の実験台にしてきたモンだが
今回は、電動化クリンコフと同じVer3メカボBOXをもつ電動ガン


CYMA・AK74(cm031)
の初速を上げてみてーと思う・・・

つっても電動化クリンコフ先輩と一緒で市販されてる部品と取り換えるだけなんだけど(脱糞)

ほんで、現状のCYMA・AK74(cm031)の仕様は

外装・CYMA
メカボックス・CYMA
インナーバレル・CYMA
その他交換した部品
①マルイAK47用チャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ダブルOリング(純正同長)
④マルイ・HOPパッキン
⑤マルイピストン&スプリング

の以上の仕様になってて、初速の方はというと

(CYMA・AK74の初速)
最高値89.69m/s 0.804j
最低値88.46m/s 0.789j
といった感じで、マルイから出とる同サイズのスタンダード電動ガンと比べると
ほんのちょっと初速が低いもんだで、せめてこの前書いた

アカデミー電動化クリンコフ初速UP②記事
で出した初速92m/sを目安に、メカBOX内の部品を社外品の物に交換して行きてーと思う♪

ほんで今回CYMA・AK74の初速を上げるために購入した部品は


(メタルチャンバーとロングノズル)
ACE1ARMSのCNCアルミホップアップチャンバーASSYと前回のクリンコフ初速UP記事②で紹介した
ACE1ARMS CNC アルミシールノズル AK ロング用の二つだが、当記事では特にメタルチャンバーにスポットを当てて紹介してーと思う♪


このメーカーのメタルチャンバーは、三か月前に記事にしたS&TのG36Vの調整時に買うたのが初めてだったが
1850円と非常に安価な割にバリの類も一切無く、精度も良かったもんだで
AK47用のメタルチャンバーもこのACE1の物を買うたった。

価格は2240円とG36用の物よかチョビット高いが、チャンバー本体の他の付属品も全てセットになっとる。

その他、商品説明でマルイ・スタンダードAK47対応を謳っとるが、マルイのAK47/AK47S/AK47βに、このチャンバーを取り付けする場合は
フレーム側のヒューズ取り付け位置をほんの少し削らにゃいかんそうだが
CYMAとアカデミーのAKにはポン付け出来た。

つづいて細部の紹介♪


(HOP調整レバー)
HOP調整レバー部は予め目盛りが刻まれとるで、使用するBB弾の重さに応じた位置を覚えとく事が出来るんで便利だ。

また、HOP調整時にビミョーに負荷が掛かる調整レバーのツメも、コイツの場合は金属で出来とるから、壊れる事もなかろうも。

一つ残念な点は、調整レバーの動きが軽すぎるんで、ネジの間にシムを挟んでレバーの動きをキツくしといた。


(チャンバー内部)
ほんでコレがACE1のメタルチャンバーを後ろから覗いた画像だが、先述の通り、安価なチャンバーにも関わらず
バリの類は一切ない。

一つ気に食わんのは、押しゴムがアームに接着されとるで、コイツが気になる場合は取り除く必要があるが
軽く接着されとるだけだから簡単に取り除くことが出来る。


(HOPパッキン)
このチャンバーセットで唯一使い物にならんのが付属品のパッキン(泣)

人一倍しつこくて好奇心が強い性分だで、このパッキンがどんなものか実際に装着して試射してみようと思って
シリコンスプレーをシュパパーッとかけて、インナーバレルにかませたら瞬時に劣化して破れてしまった(脱糞)


(推奨HOPパッキン)
ほんで、このACE1のメタルチャンバーはマルイ(CYMA・S&T含む)純正チャンバーより内径がほんの少し広いもんだで
マルイのHOPパッキンじゃ気密がスッカスカになるから、マルイのパッキンより厚みのある
ライラクスのエアシールチャンバーパッキン(ソフト)を使用するとチャンバーとの相性が良くなる。

俺が知らんだけで他にも良いパッキンはなんぼでもあるんだろうけど、ライラのソフトパッキンは980円とお手頃で
どの店にも在庫があるほど入手性も良く、長寿命(手持ちのM16A1に装着して15年経つ)だで昔から買っとる。

つづいてチャンバーの交換作業♪



(チャンバーの交換作業)
ほんで早速ACE1のメタルチャンバーを、このCYMA・AK74/cm031(CYMA・AK47/cm028も取り付け方法は同じ)に取り付けるんだけど
まず最初にトップカバーを外して




AK47S・AK47(cm028)・AK47タクティカル(cm028a/cm028c)ではバッテリー台座に当たる部分の
左側にある小さいプラスネジを外しせばバッテリー台座がフリーになるで
※バッテリー台座を後ろに引っ張って外し


※画像じゃボルトアッセンブリーが付いた状態で外しとるが、別々に外した方が無難。


フレームとフロントキットを止める四本のプラスネジを外せば


フロントキットとフレームを分離することが出来て




後はフロントキットとチャンバーを留める二本のプラスネジを外せば
フロントキットからチャンバーを引き出すことが出来る。

つづいてチャンバー本体の分解♪



最後にチャンバー本体とインナーバレルを分離するんだけど
チャンバーとインナーバレルを留める部品を指で引っこ抜いて外して




(チャンバー分解完了)
HOPパッキンがくっついたままのインナーバレルをチャンバーから慎重に引き出せば
チャンバーの分解完了♪

メカボは頻繁に洗浄するクセに、インナーバレルは滅多に掃除せんから、この機会に掃除してみると
一年分のエンガチョなまでの汚れが出てきた・・・orz

せっかくのマルイチャンバーが余ったもんだで、このチャンバーは後々CYMAのAK47タクティカルに装着して
「CYMA純正チャンバーvsマルイ純正チャンバー」的な記事書こうかな♪



(シリコンオイルの塗布)
後はライラクスのシーリングパッキン(ソフト)の裏表両面とメタルチャンバー内部に
シリコンスプレーを軽く吹き付けて


(メタルチャンバー組み付け完了)
後は分解の逆の手順でAK74にメタルチャンバーを取り付けて
チャンバー部の換装作業終了♪

だで、チャンバーをド派手な色のメタルの物に取り換えた所で、バッテリー台座とトップカバーを取り付ければ外からは全く分からんのが寂しい所だが
ココを金属にすることで、CYMA・AK74(cm031)の持病であるマガジン左右グラ付き病がかなり改善されたのはウレシイ誤算だったぬ♪

つづいてメカボ内部部品の交換だけど、このAK74の詳細な分解方法は当ブログ記事の

CYMA・AK74分解レビュー記事
を参考にしてチョンマゲ♪

そして今回メカボ内部で交換したパーツは



(アルミシーリングノズル)
冒頭で紹介したACE1のスタンダードAK47用ロングタイプノズルで
コイツは純正ノズル長より1mm長い20.7mmのノズル長を持っており、前回書いた

アカデミー電動化クリンコフ初速UP②記事
ではこのロングノズルに交換しただけで5m/s以上の初速UPを果たしたもんだで驚いた(喜)

このAK74もロングノズル装着後、ノズルを前進位置で固定した状態でメタルチャンバーを仮止めしてみると
ノズルの先端がチャンバーパッキンに軽く反発する程度に接触する。



(ピストン&スプリング)
ピストン・スプリング周りはアカデミー電動化クリンコフ初速UP①記事ではスプリングガイドを
ベアリング付きの物に取り換える事でメインスプリングにテンションを掛けて初速を上げたが
今回はコジキ物のメーカー不明90スプリングをCYMAの吸排気孔つき純正ピストンと併用して
メカボを組み立てたが、この「90スプリング」ってやつのワカンネーとこは何を基準に「90」って名前がついてんだろ?

初速の数値を指してるのか、純正スプリングと比べて90パーセント程度のテンションって意味なんかね?

ちなみにCYMAの純正ピストンは新同品のストックがあと一個あるで消耗しても当分は困らんし
耐久性もマルイに決してヒケを取らんが、Oリングパッキンが薄っぺらで気密が悪いんでココだけマルイピストンから
流用した(°Θ°)








(CYMA・AK74)
今回購入分の社外部品を組み終えたAK74(cm031)先生♪

コイツはグレード的にはスポーツラインの物で、マルイのスタンダードAK47準拠の金属パーツ構成になってるものの
コピー元のマルイAK47譲りの剛性感があり、過去に一度テレビ台に立て掛けて置いてたAK74のストック部に
うちの子供が豪快に足を引っ掛けてしまい空中を半回転してブッ倒してしまったことがあったが
ネジが少し緩んだだけでビクともしなかった(脱糞)

重量的にも3キロ程度と非常に軽い上に、前後のバランスもいいもんだで、長時間持ってても苦にならん。

最近じゃAK105のハンパなゲテモノ感に惹かれてしまったもんで、次に買うエアガンは
SRCのXM8にしようか、それともCYMAのAk105にしようかで迷ってる。

お喋りはこの辺にして、いよいよ部品交換後のAK74の初速測定に入るんだけど
俺の予想じゃ92~94m/s程度の初速と予想♪

クリンコフよか図体がデカいもんだで、その位の初速は欲しいが、逆に言えば94以上の初速はイラン(°Θ°)


尚、部品交換後のAK74の仕様は
メカボックス・CYMA
インナーバレル・CYMA
その他交換した部品
①ACE1ARMSアルミチャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ダブルOリング(ロング仕様20.7mm)
④ライラクス エアシールチャンバーパッキン(ソフト)
⑤90スプリング(コジキ品につき製造元不明)

以上の仕様で測定するべさ♪

測定開始!


(一発目)
いざ測定してみると、最初の一発目から
93.04m/s0.865j
の初速を叩きだし、喜ぶのもつかの間!

(三発目)
三発目には
94.32m/s0.889j
と、94台に突入!

以下、心臓をバックンバックンさせながら淡々と測定。。。








(測定終了)
その後60発ほど撃って初速を測定してみた所、最終的に
最高値96.1m/s 0.923j
最低値93.04m/s 0.865j
といった結果になるも、万が一規制値を超えてたらいかんから、測定後1マガジン(約500発)撃った後で
改めて初速を測ってみると、何故か今度は93~95m/s台で落ち着き、再び96の壁を超える事は無かったが
俺的モラル上の規制値上限は94m/s台だで、マルイ・ピストン&スプリングに戻しとこ。。。

ていうか初速って88~92m/s出てればいいような気がしてきた(脱糞)

だでS&TのG36Vや、アカデミークリンコフなんか90m/sの壁を超えるのに苦労したもんだが
コイツの場合は実質、90スプリングとロングノズルへの交換のみで90の壁を超えることが出来た♪

ほんで今になって気付いたが「90スプリング」の名前の由来って、90m/s程度の初速を得ることが出来る
スプリングって意味だったのね(笑)

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 04:09CYMA

2016年09月23日

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー取り付け

「9月22日」


アントニィィィィーッ!!!!(ジジジジジジジジ・・・)
あいよ!

今回も先月購入した弾速機

X3200・MK3
を活用した記事を書きてーと思うんだけど、弾速機があると部品を換える度に
こういった細々したセコい記事作れるから便利で助かるぜ(°Θ°)

ちなみに記事を造る上でベースとなるエアガンは、またしても

アカデミー電動化クリンコフ先生♪
そしてコイツの初速はというと。。。


(最初の測定)
弾速計購入直後に初めて初速を測った時のクリンコフの仕様は
外装・アカデミー
メカボックス・CYMA
インナーバレル・マルイAK47用を約200mmにカット
その他交換した部品
①ACE1ARMS CNCアルミホップアップチャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ダブルOリング仕様
④ライラクス・エアシールチャンバーパッキンソフト
⑤マルイM4シリンダー
⑥マルイピストン&スプリング

以上の状態で、オイラ的には85m/s程度の初速は出とるだろ?と思って計測してみるも
最高値83.51m/s 0.697j
最低値83.19m/s 0.692j
というヒジョーに低い測定結果に唖然としてしもた(´;ω;`)


(初速測定記事その②
その後「このままじゃイカン!」とばかりに購入したACE1のベアリング付きスプリングガイドに交換し
スッカスカで気密もくそも無かったシリンダーヘッドのパッキンを新品に交換して初速を計測してみると

最高値・87.64m/s0.768j
最低値・85.67m/s0.733j
の初速を出し、初めて初速を測った時からすると4m/s程度の初速UPを果たしたが
記事をUPした後も上記の仕様の状態で気まぐれに弾速計を用いて初速を測ってみると
84台の時もあれば88まで出たりとバラつきが目立つ(と言ってもこんなもんなんだろうけど)。


(S&T・G36V)
ほんで、過去に購入したG36Vなんかは、ノズル長をほんの0.5mm長い物に交換しただけで初速が安定した経験があったもんだで
今回はアカデミー電動化クリンコフ用の交換部品として


(購入した社外部品)
得意(失笑)のミリタリーベースちゃんでスタンダードAK47のノズル
「ACE1ARMS CNC アルミシールノズル ダブルOリングAK ロング用」
を購入した♪


(左ロングノズル・右純正長ノズル)
コイツは以前購入・交換した純正品と同じ長さ(19.7mm)の同社のアルミノズルよりも1mm長い20.7mmの長さがあるもんだで
コレに交換することで気密漏れも解消出来て、初速も安定するかもしらん。

ちなみに価格の方はというと、純正長(19.7mm)ロング(20.7mm)共に540円とヒジョーに安い上に
吸気孔がある物と無い物の二種類があるが、写真の物は吸気孔ありのものである。


(G&PAK47スチールセレクターレバー)
その他、ノズル交換だけじゃ記事を造る上で間が持ちそうにねーからG&PのAK47用スチールセレクターとやらも同時購入した(脱糞)

ほんで、世間一般的にはネタ銃止まりであるアカデミー電動化クリンコフごときで、ここまで色々部品を交換したり手を入れてると

「最初からCYMAかD-BOYのクリンコフ買った方が安上がりだったんじゃねーかな?」
と思うこともあるが、悲しくなるんでソレ以上は考えねーようにしとる。

初代電動化クリンコフはマルイの新同品のAK47sメカボを入れてたもんだで、なおさらだ。


(給弾に於ける懸念)
その他、ノズルの長さを純正同等の長さの物から、ロングノズルに交換する上で心配なのが
1mm延長されたノズルの頭が給弾ルート側に露出してBB弾に干渉して給弾不良を起こすかもしれん所だぬ。

S&TのG36Vは給弾ルートが別体式になっとるもんだで、ヤスリで削ったりして、どうにでも調整が出来たが
AKの給弾ルートは一体式だから最悪の場合、ノズル側を削らんといかんな。

どっちにしろ一度交換して様子ば見ねーとワカンネーけどよ。

つーことで、分解開始!






(分解)
ちなみにアカデミーAKS74Uの分解と、AK47メカボの分解に関しては
アカデミー電動化クリンコフAKS74U
CYMA・AK74(cm031)レビュー

以上の二つの記事を参考にしてチョンマゲ♪


(メカボの分解)
ほんで、いよいよメカボの分解に入るんだが、前回スプリングガイドをベアリング付きの物に交換したことで
ピストンスプリングに強めのテンションが掛かっとるもんだで
メカボをバラす際に強烈なバッカーン!があるもんと思いつつ、メカボを恐る恐る開けてみると。。。


(アレ?)
オイラの心配を他所にスムーズにメカボを開くことが出来
スプリングガイドとピストン周りもバッカーン!することも無かったが
アルコール消毒液を取りに立ち上がった瞬間に


(バッカーン!アッラーフアクバール!)
時間差で破裂しやがった(脱糞)

30過ぎて本気でチビりそうになる位驚いた(´;ω;`)


(ロングノズル装着)
その後、それまで取り付けてた19.7mmのノズルから今回購入した20.7mmのロングノズルに交換完了♪

ACE1のコチラのノズルは商品名通り、内部にエア漏れ防止用のパッキンが二つ入ってるもんだで
装着時は結構入りがきつく、取り付け時にはシリコングリスじゃなくてシリコンオイルを塗ったくって付けてる。

シリコングリスと比べてパッキンの消耗は早まるだろうけど、一つ540円の安物ノズルだで消耗したら買い替えればよかろうも。

だで、シーリングノズルって俺みてーな素人の考えでも、ある程度柔軟性があったほうが良さそうなもんだが
ココを金属にするメリットって何かあるもんなんかね?

チャンバーの場合はメタルに取り換えると何故か初速が下がるものの、安定した弾道になったりと何かしらのメリットはあったが
イマイチよくワカラン。



(仮止め)
ほんでロングノズルに交換し、ノズル位置が前進位置にあるメカボを
メタルチャンバーに仮止めしてみると、ノズルの先端がチャンバーパッキンにほんのチョッピリ反発する程度に当たるのを確認して
組み立て完了♪

うまいこと給弾出来ればいいんだが。。。

つづいてセレクターレバーの交換♪


(上G&P・下マルイ)
次にアカデミー電動化クリンコフ先生のセレクターレバーの交換♪

元が安物のエアーコッキングガンなだけに、コイツの発展性は無いに等しく
交換可能な社外品の外装パーツといえばマガジン、フラッシュハイダー、グリップ、セレクター位のもんだ。

ほんで今回はセレクターレバーを買うたもんだで、マルイのセレクターとの違いを早速見てみると
材質(マルイはアルミ)とビミョーな重量の違い以外、誤差程度の違いしかない(脱糞不可避)



(セレクター本体と付属品)
セレクターレバー本体をじっくり見ると材質的な問題なのか、うっすらと軽いサビが出とるが
銃の横についとればいい部品だで、コレといって気にならん。

また、セレクターレバー本体以外の付属品は

①ワッシャー
②六角ネジ
③セレクターの蓋
④へんな棒

以上の四つ♪

①~③までは分かるものの、④のへんな棒は何に使うんだ?(°Θ°)

それでは取り付け開始!


まず、メカボ側のセレクターと連動する部品にセレクターレバーを被せてみると
セレクターレバー側の取り付け穴がマルイの物より若干タイトなようで、ガッチリとハマる。


ほんで、セレクターレバーの上にワッシャーを被せて


付属品の六角ネジを締めてセレクターレバー→銃本体を固定して



最後にセレクターレバーの蓋を取り付けるんだけど、この蓋がなかなかどうしておりこうさんで
フタの裏がネジになっとるもんだで、本体に確実に取り付けることが出来る。


(変な棒の使い道)
ほんで、さっきの④の変な棒だけど、セレクターレバーのフタの横をよく見ると
ちっちゃい穴が開いとるで、ココに変な棒を入れてクルクル回して蓋をガッチリセレクターレバーに固定することが出来た♪

別に、この棒が無くてもペンチでフタを回して取り付けることが出来る。











(アカデミー電動化クリンコフ)
全ての部品の組み付けを完了したアカデミー電動化クリンコフ先生。

いよいよ実射による測定に入るが、その前にココで改めて誰も得をしない仕様の紹介♪

交換した外装部品
①NOVESKEタイプ・ラウドネスコーンフラッシュハイダー
②イーグル模型550連ワッフルタイプマガジン
③G&Pセレクターレバー
メカボックス・CYMA
インナーバレル・マルイAK47用を約200mmにカット
その他交換した内部部品
①ACE1ARMS CNCアルミホップアップチャンバー
②ACE1ARMS 強化タペットプレート
③ACE1ARMS CNCアルミシールノズル ダブルOリング仕様(ロング)
④ライラクス・エアシールチャンバーパッキンソフト
⑤マルイM4シリンダー
⑥マルイピストン&スプリング
⑦ACE1ARMS ベアリング付きスプリングガイド

の以上!

早いもので、購入からもうすぐ4年を迎えようとしてるアカデミー電動化クリンコフ先生。

今年は新たにジャンル的にはAKS74Uと同じ騎兵銃である







(マルイG36K)
マルイの次世代電動ガンであるG36Kを購入するも
やはりオイラは、このどうしようもないポンコツ銃であるアカデミー電動化クリンコフ先生への思い入れが強いもんだで
本来ならG36KのM4ストック交換用に貯めてた小銭をクリンコフ用のアップデート代に回した(脱糞)

G36Kの記事を最後に書いたのは4か月前の


マルイ次世代電動ガンG36K・P-マグ取り付けレビュー記事が最後になるが
この記事以降の仕様としてはNOVESKEハイダーとARESのG36C用の小型ストックを装着しただけに留まってるけど
M4ストック取り付ける際にはまた改めて記事にしよ♪

それでは電動化クリンコフの初速測定に入るけど、おれの予想では88~90出てればいいかなと予想♪

イザ!


(ノズル交換後の初速①)
ワクワクしながら初速を測ってみると最初の一発目から
92.9m/s0.863j
の初速を出し、前回スプリングガイドを交換した際の最高初速
87.64m/s0.768j
を5.26m/s上回った(歓喜)

これは手持ちの次世代電動ガンG36Kの最高初速

92.55m/s 0.856j
よりも、ほんのチョビット誤差程度に早い(脱糞)

つづいて二発目の測定で
93.2m/s 0.868j
を出し、思わず
「はえー!どっかで隠れて見とったみたいに来ましたわ(笑)」
と思いつつ、以下淡々と測定♪




(ノズル交換後の初速ラスト)
その後60発ほど撃ってみて初速を測ってみて、最終的には
最高値93.2m/s 0.868j
最低値90.95m/s 0.855j
といった結果になった!

X3200購入時に測った際に測った電動化クリンコフの初速と比較すると10m/s上がったことになるな。

その後500発ほど撃ちまくった後で改めて初速を測ってみると概ね90~92で安定しとるもんだで
コレ以上クリンコフ先生をどうこうする事はなかろうし
ロングノズル交換前に心配しとった給弾不良も一切おきんかった。

それと不思議なのが、ノンHOP状態でもHOPを掛けた状態でも初速の変化がほとんど起きなくなった点かな?

音的にもノズルが前身状態でチャンバーパッキンに反発する程度に密着しとるからか
ほんの気持ち静かになった♪

だで、S&TのG36Vの調整時に気密関係の問題で発狂しそうになった時に
モニターに穴が開くほど見て勉強したパカ山さんのブログでノズル長の重要性については十分に学んだ気でおったが
ノズル長を1mm長い物に交換するだけで初速が5.26m/s変わるとは思いもしなんだ(感動)

今回はクリンコフ用のロングノズル以外にもCYMAのAK74(cm031)用のロングノズルとメタルチャンバーも買うたもんだで
次回はAK74の初速比較記事を書いてみてーと思います♪

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 10:54CYMA

2016年09月02日

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

「9月2日」

さてと!

今回は先月購入した安価ながらも意外と高性能(?)な弾速計

X3200・MK3
を早速活用した記事を書いてみようと思って、四日前に
ミリタリーベースちゃん
にてver3メカBOX用の社外部品を購入♪

(到着したブツ)
コチラのお店は注文から到着するまでの時間が電光石火の如く早く
午後3時までに注文した場合は翌日に到着するんで
待つのが大っ嫌いなチンパンメンタリティな俺にはヒジョーにありがたいな(°Θ°)



(AKS74U)
ちなみに今回の記事で生贄になってもらうエアガンは
アカデミー電動化クリンコフ先輩♪
分解も簡単でメンテナンス性も高い上に、心臓部には万一壊れても金銭的な痛手の少ないCYMAのAK47(cm028c)メカボを搭載してるコイツは
実験台にもってこいなエアガンである。



(外装)
外装の方は
イーグル模型の550連ワッフルタイプマガジン
と、持ち主の自己紹介も兼ねたロゴの入ったNOVESKEタイプのフラッシュハイダーを取り付けたのみで
コレといった特徴は無い。

リブつきの後期仕様ハンドガードとか付けたいが、元がエアコキのお手軽電動ガンだから
発展のしようがないんだよなコイツは。。。




(チャンバー)
チャンバーはマルイAK47用純正の物からACE1のAK47用メタルチャンバーに交換し
HOPパッキンは得意(失笑)のライラクス・ソフトパッキンに取り換えたものの
この時はまだ弾速計を持ってなかったから初速の変化はワカランかった(泣)

弾道的にはフルオートで撃ってみると綺麗な直線を描いて弾が飛んでいくで、命中精度は若干上がったモンと思われる。

ちなみに商品レビュー見る限り、このチャンバーをマルイのAK47/AK47S/AK47スペツナズに取り付けるには
本体側のヒューズを収納する部分を若干削らんといかんそうだが
手持ちのCYMA・AK47(cm028c)CYMA・AK74(CM031)、電動化クリンコフにはポン付け出来た。


(ノズル)
メカBOXのほうはシーリングノズルをCYMAの怪しい透明純正ノズルから
ACE1のアルミシールノズル(ショート)に交換し


(タペットプレート)
タペットプレートをCYMA純正(悪くはないが精神衛生上の理由で交換)の物から
ACE1のver3用強化タペットプレートに交換♪

その他、ピストン&スプリングはマルイの物に取り換えたのみで、初速の方はというと。。。



(計測結果)
最高値・83.51m/s0.697j
最低値・83.19m/s0.692j
と、ヒジョーに低い結果に・・・Orz

せめてマルイのMP5並みの85位の初速が欲しかったもんだで
今回は新たに


(スプリングガイド)
ACE1の※ベアリング仕様のスプリングガイドを購入♪

以前はCYMAのピストンにコジキ物の90スプリングを入れてたが、万が一ピストンが寿命を迎えてしまった場合
マルイのピストンのピストンヘッドをほじくり出してスプリングを抜き取って交換して使う手間がメンドクセーだで
ピストンは極力マルイのピストン&スプリングASSYのままで、初速を上げたかったから
社外の強化スプリングへの交換以外の選択肢を取って初速を上げてみてーと思うんだ。

つーことで、商品到着と同時に分解開始!


※正式な商品名は「【Ver3対応】ACE1ARMS ベアリング スプリングガイド Ver3 Gen1◆高い耐久性とスムーズな作動性を両立! 」






(AKS74U分解)
このアカデミー電動化クリンコフは構造がヒジョーにシンプルだから
3分もあればメカボにアクセス出来るから、めんどくさがり屋の漏れは大助かりである。

このAKの詳しい分解方法は

コチラを参考にしてチョンマゲ♪

しかし、エアガンレビュー記事を書く時は毎回メンドクセー思いをしながら書いてるものだが
こういう記事書く時にブン投げれるから後々助かるぜ(°Θ°)


(メカボ分解)
そんでコレがメカボを開いた図なんだけど、ACE1の強化タペットプレートの存在感がハンパねーや(脱糞)


その他、スプリングガイド以外の同時購入品としてメンテナンススプリングセットも買ったから
タペットプレート、トリガースイッチ、逆転防止ラッチのスプリングもついでに交換しといた♪





(左ACE1・右CYMA純正)
そして今回交換するACE1アームズのベアリング付きスプリングガイドとCYMAの純正スプリングガイドを見比べてみると
CYMAの物は表面の粗い頼りない樹脂で出来ているのに対して
今回購入したACE1スプリングガイドは全金属製で表面処理も綺麗なツルッツルなものになっている。


そして気になるのが商品名にもあるベアリング部分だが、スプリングとピストンが別個になってる社外品のピストンスプリングならともかく
デフォの状態ではスプリングとピストンが一体式のマルイピストンで効果が実感できるのかしら?

そもそも、いずれの仕様であってもスプリングガイドにベアリングを挟む理屈がよくワカランのだが
このスプリングガイドはベアリングがある分、純正の物より5.、6ミリ程度かさ上げされとるで
ほんの気持ちテンションの強いスプリングに交換したのと同程度の効果はあるんじゃねーのかな?





(組み付け作業)
スプリングガイドにシリコングリスを塗ったくり
「へへへ♪コレで85m/s位は出てるだろな(妄想)」
と期待に胸を膨らませながら組み立てる♪

もう我慢も限界だ!

早速X3200をセット(もなにも本体の電源ボタン押すだけだが)し、測定を開始!

その結果は!!!!

(一発目)
イザ測定してみると
「一発目で目標達成だぜひゃっほーい♪」
な結果になり、個人的には満足だが冷静に考えてみると依然として低い数値であることには変わりは無いという現実が・・・orz





(その後の初速)
その後も撃ち続けて初速を測ってみると最終的に
最高値・86.33m/s0.74j
最低値・85.49m/s0.73j
という結果になり、スプリングガイド交換前の最高値83.51m/sと比べると、ちっとはマシな感じになった???

今回は100発程度の計測だったが、もうちっと撃ってみると結果はもう少し変わったかもしれないな(°Θ°)

ちなみに今回購入したコチラのスプリングガイドは、価格が970円とお手頃な値段だったものの
約3m/sの初速アップの効果を得ることが出来たんで貧乏人のオイラ的にはありがたいパーツだったぬ。

初速以外に変わった点は以前はフルオートで撃つと「タタタタタタタタ!」って感じだった発射音も
スプリングガイド交換後は「※ダッダッダッダッダッダ!」って感じの気合いの入った発射音になり
サイクルも少し遅くなった所かな?

今後の目標(妄想)値としてはピストン&スプリングはマルイのままで87~88m/s程度まで初速を上げたいもんだが
次は何買えばいいのかな?

シリンダーはマルイM4A1用の物が入ってるから、インナーバレルを現状の200mmから
300mm程度の物に取り換えて、バレルがはみ出した分を手持ちの200mmのサイレンサーを取り付けて隠すのが
手っ取り早く初速を上げる方法かもだけど
今取り付けてるNOVESKEハイダーが気に入ってるから外観は変えたくないんだよな。。。

インナーバレル長を換えるのは最終手段として、次回はノズルを現状の19.7mmから20.7mmの物に換えて初速の変化を調べてみてーな♪

※おまえは92式重機関銃か
※2016年9月5日追記※
昨日はスッカスカになってたクリンコフのシリンダーヘッドのパッキンを新品に交換し、改めて初速を計測♪

すると。。。



(シリンダーヘッドパッキン交換後の初速)
最初の一発目の計測から
86.67m/s0.751j
の初速を出し前回の最高値を僅かに上回った!




(シリンダーヘッドパッキン交換後の初速②)
でも何故か九発目で突然85台を出した(脱糞)

その後も撃って初速を測ってみると最終的に

最高値・87.64m/s0.768j
最低値・85.67m/s0.733j
20発目の計測でで87.64m/sを記録!

その後も撃ち続けてると概ね86~87台で安定しており、チャンバー内部に付着したメンテナンスオイルが吹き飛べば
ひょっとしたら88台まで行くかもしんねーな。

AKS74U初速UP②につづく。。。
おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 06:56CYMA

2016年03月14日

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)レビュー&分解編720HD

「第一部外観レビュー編」




(AK47・アブー-ファドル-アル‐アッバス旅団トリビュート)

普通のマルイAK47の記事はコッチを見てね♪
(↑文字クリックでスタンダードAK47記事にジャンプするよ)
今回は去年1月にテキトーに書いといたCYMAのAK47タクティカル記事を完結編も兼ねて新規でリメイクしたんだけど
書き直す位なら最初から真面目に書いとけと(セルフつっこみ)。。。


近代化改修仕様のAK47の存在自体は結構前から知ってて、いつか欲しいとは思うものの
マルイAK47ベースで作ると高くついちゃうんだろうな~と思って諦めてたんだけど
一昨年の夏にヤフオクで「AK47」とかで検索してると

「CYMA cm028c」
とか書かれてるAK47を発見!

何だソレ?とか思いながらページを開いてみると前から欲しかったAK47近代改修型だったし
値段も新品即決12800円(仕入れ値は8000円前後らしい)とお買い得だったから速攻で落札した。

それとCYMAのスポーツライングレードのAK47タクティカルは数種類あり、一つは今回ご紹介する


※①cm028C(RASレイルハンドガード、フォアグリップ、M4ストック、ワッフルマグ、タクティカルグリップ)


※②cm028B(RASレイルハンドガード、タクティカルグリップ、AK47Sストック)


※③CM028A(RASレイルハンドガード、タクティカルグリップ、AK47固定ストック)
以上の三種類がある。


※①※②※③の画像はAIRSOFT MEGA STORE様HPから引用。
(URL・http://www.airsoftmegastore.com/)






(箱出し状態のAK47タクティカル)
んでコチラが箱出し時のAK47タクティカルを再現した状態♪

到着直後は何重にも巻かれた新聞紙とプチプチを剥して、箱から取り出したAK47本体を掲げて




「ブルロー!ベル ダム!ナフ ディーク ヤ バシャール」
「アッシャーブ!ユリーッ!バシャール・アサド!」
「アッラー!スリア!バシャール ワー ベス! 」

とシリア軍と政権支持派がよくやるシュプレヒコールの雄叫びを上げてしまう程喜びMAXだったのはいうまでもない(AK買った時のお約束儀式)

それは置いといて、箱出し後のレイル剥き出しなハンドガード眺めながら
「あれとあれ着けてあんな外観にしたいな~」
と妄想して楽しんだもんだ(゜∋゜)

とにかく何でもいいからレイルでゴツゴツした鉄砲が一つ欲しかった。








(本体@マガジン無し)
つづいて毎回恒例のマガジン無しでの六面撮り♪

素のAK47のだったらマガジンが付いてる状態での外観の方が好きだったりするんだけど
ある程度ゴツゴツした外観のAKだったらマガジン無しでも16・M4系のソレに引けを取らん位似合うような気がする。





(マガジン)
このAK47タクティカルに付属するマガジンは550連のゼンマイ式多弾マガジン♪

マルイの100連BBローダー使って何発入るか簡易的に確かめてみると、実際には500発程度しか入らんね。

給弾性能には全然問題ねーんだけど、ゼンマイ部分とマガジンケース内部にまんべんなく中華名物ピッコロのゲログリスが塗られてるから
グリスの塗り替えしねーといけねーのが唯一の難点と言った所か。。。

なんぼ本体側の内部を綺麗にメンテしても、マガジンの中で緑色のゲログリスが付着したBB弾がインナーバレル通過する時に汚れちゃうもんね(゜∋゜)

ちなみにワッフルマガジンの愛称を持つゴツゴツしたこのマガジン。



(rk62・ヴァルメット)
フィンランド版AK47こと、バルメ突撃銃の標準マガジンだったりする。

1980年代を代表するアクション映画「コマンドー」でシュワちゃんが愛用してたアサルトライフルでも有名ですな。

個人的にはこの銃独特のハンパなゲテモノ感がたまんねーんだけど、中華電動ガンとかで製品化されてねーんかな?(゜∋゜)


そんなマガジンを本体に装着してと(手抜きテンプレ化)。。。







(マガジン装着AK47タクティカル)
ワッフルタイプマガジンを装着したAK47タクティカルは厳つくてゴッテリした外観になる。

コンセプト的には「北斗の拳」や「マッドマックス」に出てきそうな世紀末な外観にしたいところか。。。

ちなみに漏れ、商売中延々と「北斗の拳」のDVD見ながら仕事しとるもんで、お客さんから北斗の拳の話題を振られると(元々人の話自体一切聞かない性分なんだが)20~30分間に渡って一人で喋りまくる程の大の北斗の拳マニアで「アミバ」の大ファンだったりするんだ(゜∋゜)

SAMURAIってミリタリーショップに北斗の拳に出てきそうな肩パッド付きのかっこいいタクティカルベストが売ってたから買いてーな。

話をAK47タクティカルに戻して、ココで改めて本銃の仕様説明♪

①インナーバレル・チャンバー(CYMAのまま)
②チャンバーパッキン(マルイ)
③メカBOX(マルイAK47S)

といった具合で、ほとんど箱出しと変わらん状態なんだが(人知を超えるレベルのドケチなんで)何でもかんでもマルイに取り換えるのがメンドクセーから
使える物は極力そのまんま使うようにしとる。

インナーバレルも昔のCYMAの物は酷かったそうだが、最近漏れが買ったCYMAの中華電動ガンでは曲がりも無く、そのまんまでも十分イケる物ばかりだし、メカボのゲテモノグリス洗浄とピストンOリング交換、タミヤの接点グリスの塗布、チャンバーパッキン交換だけで問題なく使える(長期的に見れば知らんが)。

つづいて、箱出し後に取り付けしたパーツの紹介♪


(サイレンサー)
タクティカルAK47購入時、全体的に近代的な外観のボディなのにフラッシュハイダーだけ何故かAK47のそのまんまって感じでなんか浮いてたから真っ先に取り換えたかった所だった。

M4ハイダー、AK74ハイダーといろいろ取り換えてみたが、現在は1500円の安物サイレンサーに落ちついとる。

今後はAMD65とかAKMSUのハイダー付けてみたいな(゜∋゜)


(PEQ-16)
以前はPEQ-15を載せてたが、今は先月書いたG36Kオプション取り付け記事で不要になったFMAのPEQ-16載せとる。

バッテリーケースとして売られてる商品なんだけど、ツマミの所がクルクル回せて暇つぶし出来る(悲)




(ドットサイト)
この鉄砲に載せてるドットサイトは「AIMPOINT・M3」とやらだそうで、サバゲーマーさんから頂いた物を
サンコーホビーで2000円で売られてたARMY FORCE・AK47スコープマウントに装着して本体に取り付けてる。

グーグル画像とかでドットサイトの装着例とか観てると、みんな極力前の方に装着してたからマネしてハンドガード上のレイルに取り付けしてみたんだけど、このAKのレイル付きハンドガードが後ろから前に掛けて微妙に曲がってて光学載せる上で使い物になんねーんだな。



(ドット点灯)
点灯色は赤色のみで照度は11段階に調整できる他、ドットの位置を上下左右に調整出来るんだけど
取り返しのつかんことになりそうで、おっかねーから、一切調整しとらん。

覗く所も大きめだから狙いやすいな(゜∋゜)




(上AK47タクティカル・下AK47)
次に箱出し状態のAK47タクティカルとマルイAK47スタンダードの大まかな違いをピックアップ♪

ちなみに漏れ。

どっちのAK47も同じ位好きなんだ(゜∋゜)



(フォアグリップ)
はじめてCYMAのAK47タクティカルを見た時、真っ先に目についたのが
このフォアグリップ付きのRASレイルハンドガード★

フォアグリップの取り付け位置的には後ろに着けると構えやすくなる半面フロント部分の重量感が増し
前に着けると構えにくくなる反面、重量感が後ろの方に分散されて素早くサイティング出来る印象♪

また、フォアグリップの裏側はマガジン底部が入り込める窪みがあって、マグチェンジの際に極力干渉しにくい造りになってる。


(グリップ)
グリップはUFC等から1500円前後で売られてる所謂「タクティカル・グリップ」とやらで
スマートさ故にグローブ越しだと落っことしそうになる事もあるAK47のパイパングリップと対照的に
このグリップはしっかり保持できるデザインになっている。

個人的な拘りとしては、グリップ周りはスマートなほうが好きなんで後々ミニミタイプの「ピストルグリップ」とやらに付け替えたい所。


(マガジン)
スマートな印象のAK47スチールマグと、プラなのにごっつい見た目のワッフルマグでは好みの別れる所か。

AK(16・M4でも言える事だが)といえば、楽天とかで「AK47 マガジン」とかで検索すると、沢山の種類の商品があって目移りしてしまう程に安価で信頼性の高いマガジンが豊富にあるが
ことG36Kとなると、純正ノマグ・多マグ以外はレビュー見る限り「安かろう高かろう」的な物が多くて選択肢が狭すぎるorz

AKってホント恵まれてるんだな(゜∋゜)



(エンハンスドストック)
最後にストックの紹介なんだけど、コイツはM4A1カービンと全く同じものが付いてて
試にマルイのスタンダードM4A1のストックと取り換え出来るかやってみたらポン付け出来た(脱糞)

もちろんM4と同様に六段階に分けて伸縮調整することも出来るから、タクティカルベストや体格に合わせた細かい調整が可能だ。。。

と、ここでプリズンブレイク見ながら記事を書いとるもんで、次に何書くのかド忘れしてしまったorz

バックウェル相変わらずクズだなオイ。


ちなみにイーグルフォース先生からスタンダードAK47対応のM4ストック一式セットが4000円前後で出てる。

(スリングスイベル)
このストックは本体側と合わせてスリング掛ける所が三ヶ所あるが、オススメはストック後部のスリングスイベルだぬ。

4キロ(バッテリー含まず)の重量があるAK47タクティカルをスリングで吊るすには
ストック基部や本体側の貧弱なスリングスイベルでは頼りなく、激しく動くと破損する恐れがあるからだ。

タクティカルAK47に限らず破損しやすいという本体側スリングスイベルだが
ミリタリーベースで870円で強化品が売られたから予備で一つ買っときたい所。





(ストック最大状態)
役10cmのサイレンサーを装着し、ストックを最大限まで引き延ばすと全長990mmのCYMA・M16A3よりも一回り長くなり
全長は1メートルを軽く超えてしまい、取り回しもへったくれもあったもんじゃない。

見た目のバランス的にはストックは縮めた状態の方が好きだな(゜∋゜)

つづいて金属部品の紹介♪


スポーツライングレードであるこの銃の金属部分はコピー元であるマルイAK47と全く同じで
アウターバレル、ガスパイプフロントサイト一式に



トップカバーとリアサイト


セレクターレバー


チャージングレバー


トリガーガード一式


ストックパイプが金属部品になってます(゜∋゜)

CYMAでは去年頃からcm028・cm028cに代わるランク付けのAKシリーズとして新たにcm522/cm522cって更に安価なAK47が発売されてるが
cm522はトップカバーとアウターバレル以外ほとんどプラで出来てる上に一部簡略化されてる所もあってマルイと互換の効かない所もあるそうな。



(上M900E・下M900A)
※画像はAIRSOFT MEGA STORE様HPより引用。
それとメーカーこそCYMAではないが、同じく激安中華エアガンメーカーであるダブルイーグル社(DE)からM900AM900Eって商品名で前述のCYMA・cm522よりも更に安価なAK47が発売されてるが、コチラはマルイスタンダードAK47・AK47Sとの互換はあるものの、メカBOXは強化樹脂なんだそうだ(10000円以下の安物にしては、ガワのクオリティは高いそうなので、ベースやスペアパーツとしてはいいかも?)。

国内ではRS BOXってミリタリーショップにて「高性能1/1スケールアサルトライフル電動ガンAK47バージョン M900Aエアガン」や「高性能1-1スケール アサルトライフル 電動ガン AK74Uバージョン M900Eエアガン」の商品名で売られてる。

ちなみに長い事在庫の無かったcm028・cm028cのAK47も最近になって再販されたみたいだぬ。



(バッテリー)
つぎにバッテリーの収納♪

バッテリーはマルイのAKスティックバッテリーだと配線が長いから収納で手こずったり
入れ方に慣れないと最悪断線(実際にやらかしてしもた)させたりしてしまうんで
配線が短めで1600の容量があるイーグルフォースのAKスティックバッテリーが値段も安くておぬぬめです♪



(上AK74・下AK47タクティカル)
ちなみにCYMAのAK47タクティカル(cm028c)はCYMAのAK74(cm031)と90%以上の互換がある(グリップ以外ほぼ全部)から
AK74(cm031)にAK47タクティカル(cm028c)のRISレイルハンドガード、M4A1エンハンスドストック(cm031とcm028・cm028cではフレーム側のストック取り付け角度が一緒なので互換性がある)に取り換える事でAK74タクティカル仕様にすることも出来るんで
もしAK74のストック周りがぶっ壊れる(といっても結構剛性高いんだが)事があったら、ついでとばかりに近代改修しようと思ってる・

第一部・本体レビュー編終了
第二部・分解編


(分解編)
コチラのAK47タクティカルの分解はマルイスタンダードAK47と同じく(っていうか全く一緒なんだが)
電動ガンとしては最も分解メンテしやすい造りになってるが、同じ電動ガンでも去年の年末にゲットした
マルイのM14なんかは、テイクダウンした時点で嫌気が刺して今だに分解しとらんorz


ちなみにコチラのcm028cの分解に必要な工具はマイナスドライバーとプラスドライバーのみ★


(分解開始)
スタンダードAK47の分解はまず最初にトップカバーを外し



バッテリーを収納する台座左にある小さいプラスネジを外し




ボルト、スプリング、スプリングガイドを外すと


フリーになったバッテリー台座を外せます。


マルイAK47/AK47S及び、CYMA系でもcm031の場合は先にホップ調整レバーのツメを外さねーとバッテリー台座を外せません。




次にフレーム→チャンバー間を固定してる二つのプラスネジを外せば


上周りのネジを全て除去完了♪

つづいてセイフティレバーの撤去♪





(セイフティレバーの撤去)
セイフティレバーはネジ隠しの丸いフタが被さってるんで、マイナスドライバーでこじ開けて
中のプラスネジを開ければ取り外せます。


銃本体をひっくり返してと(ウントコドッコイショ♪)
つづいて裏側の分解♪



(グリップ)
ひっくり返したらグリップを外すんだけど、箱出し状態のCYMA・cm028cはメカボとの相性でグリップがギシギシするんだけど
マルイのメカボに入れ替えたらギシギシ言わんようになったし、CYMA・AKメカボはアカデミー電動化クリンコフとバツグンの相性があった(脱糞)




(フレーム)
あとはフレームとフロントキットを結合する四本のプラスネジを外せばフレーム→フロントキット→メカボ間がフリーになるので





あとはメカボから伸びる配線に気を付けながら、ソレゾレ分離させメカボにアクセスすることが出来ます♪

ちなみにAK47タクティカルくん。

今後の予定としてはレイルガードとAKM・AK74タイプのリブ付きトップカバーを付けて
バッテリーも外付け仕様にしたいなー(゜∋゜)

デフォのバッテリー取り付け位置だと、収納スペースがタイトだから配線にも負担掛かりそうで嫌なんだよねorz

次回はマルイAK47の記事を書きたいと思います(゜Θ゜)>

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 12:11武器庫CYMA

2015年12月28日

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

「2015年1月25日作成の電動化クリンコフ記事を新規でリメイクしました」

この銃の初速測定結果はコチラ♪を見てね
(↑文字クリックでX3200による初速測定記事にジャンプするよ)
今まで何かの作業をする時の「ついでに」紹介することはあっても
何気にピンで記事にしたことがあんまし無かったアカデミー電動化クリンコフくん。

今日で購入からちょうど三年目を迎えたったのだ(゜∋゜)


電動化クリンコフを記事にした当時は、物好きな人も多かったのか
それまで過っ疎過疎だった(今でも過疎ってるが)オデのメインブログで初の当たり記事となるも
今では安価でフルメタルなクリンコフが多く出回ってて、わざわざこんなゲテモノグッズを作る必要もなくなり記事自体の需要がすっかり無くなったのか
「CYMA クリンコフ」とかで間違って入って来る人以外見に来る人も少なくなった(泣)

そして気付けば来月でミリブロ始めて早一年!

当ブログでの今年一番の当たり記事は
電動ガンALL平型ヒューズ化作業の巻(プラセボ)
という、めちゃくちゃ地味で全く金の掛かってない記事だったりする(脱糞)

でも素材も使い回しな上、金を掛けずに(掛けるも何も、もともと金なんかないんだが)俺特有のダラダラと長ったらしくて執念深いケチケチした記事を作るって手法は
オデが崇拝するロジャー・コーマン尊師リスペクトな結果でもある(ような気がする)。

ちなみに平型ヒューズの記事は、外付けのアナライズと睨めっこする限り、三割位が自動車関連で間違って入ってきた人で漏れとしても本意じゃねーし
何か申し訳ねーから、そろそろ記事を削除しようかとも思ってる(真空飛び土下座)

アメブロのほうも面白い事がたまにあってコッチと同様にコメント欄を閉じてるんだけど、最近検索ワードで「cyma○○の○○はどうすればいいですか」とか「マルイスタンダードM4の○○」とか手の込んだ質問をしてくる人が居て
都度、質問内容の答えを記事に追記するというワケのワカラン連携プレーをするようになってきた(脱糞)

その結果マルイのM4A1記事は四回も追記したり分解編の記事まで書くに至った(゜∋゜)

リメイクならまだしも、過去記事の追記とかって、俺にとってあんまりメリットねーんだけど、何十回も見に来てくれる人がいるとホント脱糞する程嬉しいから他の検索ワードも参考にしながら迅速に追記するようにしてる。

それと他のページのアナライズ見てると最近頻繁に「アーマードなんとかフォースヨーロッパ」とか「パシフィックなんとかかんとか」って海外のIPからアクセスがあるんだけど、最初のやつは外国のプラモ屋かエアガン屋さんとかで、最後のはアメリカのキャバクラかなんかじゃねーのかな?(゜∋゜)?

地元にパシフィックグループってキャバクラがあるしね。

商売柄、お客さんに飲み屋とかに誘われることが多いんだけど酒が飲めねー(350の缶ビール一本で顔真っ赤になって寝るレベル)から何かカンか言い訳していっつも土壇場でトンズラしてる自分がイヤだ(゜∋゜)

それではボチボチ本題に入って鉄砲の紹介のほうに移って行きたいと思います♪







先ずは恒例のマガジン無しの状態から♪

思えば四年前。。。

それまで長いこと使ってたマルイのM16A1とXM177E2に代わる新しい鉄砲として


(購入直後、某画像掲示板に投稿した時のAK47S写メ)
AK47Sを購入するも、サバゲで使う前の時点でストックが壊れやがって
どうしたもんかと困ってたんだけど、いろいろ調べるうちにアカデミーのクリンコフのガワにマルイのメカボがポン付け出来るって事が分かって
AK47Sに何の未練も無くなった漏れは三年前の年末にアカデミークリンコフを買う事に。。。

外見はホント大好きな鉄砲なんだけどなー→AK47S。。。

ちなみにストックが壊れるちょっと前に
X47の新品レールが捨て値で売られてて買おうかな?と悩んでたんだけど
買わなくて良かったぜ(゜∋゜)




(標準マガジン)
あんまり話が脱線しすぎるとメインブログみたいに
自分でも途中から何の記事書いてんのかワカランごつなって来るから話を戻してっと!

このアカデミー・クリンコフに付属してたマガジンは150連のスプリング給弾式マガジンで
底板以外は全てプラで出来てるから、とっても軽いです。

マルイのAK47に着ける際は、マガジン後端のリップが本体側マガジンキャッチと緩衝するから
少し削らんといかんかった(゜∋゜;))))))//


そんなマガジンを本体に挿し込んでと。。。







(マガジン装着)
くどいようだけど、個人的にはM4・M16系はマガジン無しの状態が好きでAK系の鉄砲はマガジンが着いてたほうがマッチョっぽくて好きだぬ(゜∋゜)

ココで改めて仕様の説明♪

ガワ・アカデミーそのまんま
チャンバー・マルイAK47S
HOPパッキン・ライラクスソフト
インナーバレル・マルイAK47S(約20cmにカット)
ボルト周り・マルイAK47S
メカボックス・CYMA cm028c用
シリンダー・MP5用?加速シリンダー(コジキ品)
スプリング・どっかの90スプリング(コジキ品)

といった具合で、基がエアコキでも主要部品はマルイかCYMAのモノとそのまんまとっかえる事で
即席電動ガンとして新たな銃生を送る道も選べる、お手軽トイガンだったりします(゜∋゜)

他には


(サイレンサー)
撃ってみるとインナーバレルが短すぎて、銃声がバチバチうるせーもんだから
ゴミ捨て場から拾って、じゃなくて1500円位で買って来た安いサイレンサーを
得意(苦笑)のエポキシパテとアロンアルファを駆使(失笑)して本体にベタ付けしちゃった(゜∋゜)

そのうちもっと塗装が剥げてきて人の顔みたいなシミが出てきたらおっかねーな。


(ストック部)
それと、電動化作業時にメカボックスの配線と本体側ストック基部のツメ部分が干渉してしまうんで
本体側のツメ部分をヤスリでゴリゴリ削ってたら、ツメの所がそのままポッキリ折れちまって
ストックを固定出来なくなってしまったorz


ということで
フレーム側基部裏からストック側基部にドリルで穴を空けて
ストックをネジで直結して固定ストック化した(゜∋゜)




(ナノレベルの超精密パテ埋め)
その為、本体横にある折りたたむ時に押すボタンも不要になって取り外したら大きな穴が開いてたんで
パテ埋めしといた。


(電動化直後のクリンコフ)
今と全くと言っていいほど見た目は変わらんが
最初の頃は精度が不安定で、弾ポロしたり、二発給弾したりと不具合が多かったけど
ちょこちょこ改良を繰り返して何とかマトモになった。

詳しくはページ下の「エアガン記事一覧」を見てくだちい♪


つづいて金属部品の紹介♪

このエアガンの金属部品は先ほどのサイレンサーとアウターバレルと

トリガーガード一式

セレクター(※電動化時は要マルイAK47orCYMA・cm028部品)

リアサイト

ストック基部

チャージングレバー(※電動化時は要マルイAK47orCYMA・cm028部品)くらいで
レシーバーカバー、ストック本体、フロントサイト等の強度の必要な場所こそグラスファイバー樹脂で出来てるものの
他はプラスチックで出来てます(脱糞)

元が7000~9000円程度のエアコキ銃だから最低限の強度しか無いのも仕方ないかも?

でも各部の結合が絶妙なバランスで成り立ってる故に、意外と剛性はありますの。



(上ノンホップ・下ホップ最大)
悲しいかな、トップカバーを止める為のメカボ上に乗っかったツメにテンションをかける為に
ボルト全開状態のバカーチンな姿になってしまった電動化クリンコフくん(泣)

しかもボルトのスプリングを切った後で、やり方次第でボルトを閉じた状態にも出来る事に気付くという更にバカーチンなオチ(逆立ち脱糞)

でもホップ調整もこのまま出来るし意外と使い勝手がよかったりする(震え声)


(サイティング)
AK系の記事を書く度に同じこと書いてる気がするんだけど
AKS74Uのリアサイトは取り付け位置が高くて狙いやすいであります!

切り替えも二段調整のみと至ってシンプル♪

前に見たTV番組で紹介されてたアフリカかどっかの部族で、三つ以上の数字(ソレ以上の数は「たくさん」で片づけるそうだ)の概念を持たない部族が出てきて感動したもんだが
俺も限りなくそっちサイドの人間に近いからシンプルに越したことはないな(゜∋゜)

つづいてバッテリーの収納♪



バッテリーはトップカバーを開けて



ハンドガード(上)内を通るパイプにAKスティックバッテリーを挿し込みます♪



横から見たらこんな感じ♪
上下幅は余裕ねーけど、前後幅はかなり余裕があるからG&Pとかの標準より長いサイズのバッテリーも収納出来る。

ちなみに電動化当時、同じクリンコフ使ってる人達はどんな感じでバッテリー収納してるのか調べてみても
ほとんど画像が出てこなくて苦労したorz

最初のほうにも書いたけど、これだけ市場にお手頃価格なクリンコフが出回ってる今現在に於いて
電動化クリンコフってのは、世間的にはジャンクパーツを再利用した応急的アイテムか或いはウケ狙いアイテムであって
俺みたいに金の無さゆえにマジな感じで持ってる貧乏人っていないと思うんだよね(寂)

思えば前の職場にいたギャンブラーの「金貸してくれ魔」も俺の前だけは素通りして逆に悲しくなったものだ。

※①今思えばゾンビがゾンビを襲わないのと同じ理屈だったのかもしれないが。

※①このオヤジに金の話をしたことは一度も無かったが、本能的に貧乏人である事を見破られたに違いない。

さて、まるで貴族階級者の身の上話のような高尚な話題はこの辺にして分解編に入りたいと思います♪

(分解編)
アカデミー電動化AKS74Uの分解は至ってシンプルで
エアコキ仕様のままでも分解方法は一緒なのだ(゜∋゜)

分解に必要な工具はプラスドライバーとちっちゃい六角レンチのみ★



(フロント周りの分解)
先ずはフロントサイト下にアウターパイプとフロントサイトを止めてる六角ネジがあるからネジを外して


フロントサイト部を引っこ抜けば

このようにハンドガード一式も外す事が出来ます。


(メカボ→フレーム周りの分解)
つづいてメカボ周りの分解・・・って、深夜12時ごろからダラダラ書いてて今ふと気が付いたんだけど
この記事って、誰が得すんの?(氷結)
おれも含めて誰も得しない気がするし、真夏の炎天下、自販機にジュースを買いに行って
間違いなく「コーラ」のボタンを押したはずなんだけど
何故か出てきたのは在庫もとっくに無くなってるハズのアッツアツの「おしるこ」だった時と同じくらい無駄なエネルギー使ってる気がするが話を戻して
フレーム側の分解はまずセレクターを固定してるプラスネジを外し



グリップを固定するネジを外せばメカボがほぼフリーになります。




次にさっき紹介したバカチン♪なボルト一式と
メカボ上部のツメを外し。。。




フレームとフロントキットを繋ぐ三本のネジを外せば


本体フレームからフロントキットを引っこ抜くことが出来ます♪

(左マルイAK47準拠・右アカデミーAKS74U)

それと、このクリンコフの変わった(厄介な)所は
マルイAK47準拠のフレームはネジ四本でフロントキットを結合するけど
アカデミーAKはネジ三本でフロントキットを結合するんだ(゜∋゜)

その為、外装に関してはマルイとの互換が無く
フレームがくたばったら、新たな寄生先を見つけなければいけないという(イナゴの大群みたいなもんだ)。


あとはフリーになったメカボを引っこ抜けば


(分解完了)
六角ネジ一本含む、合計六本のネジを抜くだけでメカボまでアクセスできる
メンテ性の良さ(あくまでもマルイAK47準拠の物に限った話だが)だけが魅力のエアガンです(失笑)

致命的なマイナスポイントとしては
基がエアコキだから、外装面ではコレ以上発展の余地がないということ。

器用な人なら何かカンか着けたり出来るんだろうけど
そういう人はマトモなクリンコフ買うだろうし、さっきから答えが出てる問題点で堂々巡りしてる気が(脱糞)


(エアコキユニット)
そしてコレが唯一現存するアカデミークリンコフのエアコキユニットの写メ。

見た目がどことなくver3メカボと似てるけど
アカデミーはエアコキクリンコフ発売時、電動ガン仕様のクリンコフも試作してて
発売する予定だったとか(アームズマガジン2007年6月号参照)。

ちなみにオイラはエアコキ状態のクリンコフを一発も撃たなかった事を激しく後悔してるorz

けっこう真っ直ぐ飛ぶんだってさ♪



(マガジンフック)
それともう一つこのクリンコフのヘンテコな点は
マルイのAK47ではフレーム側に付いてるマガジンフックが
アカデミーAKではフロントキットにガッシリ固定されてる所かな?



ついでだからメカボとマガジンくっ付けてみた(笑)


(社外品のマガジン)
エアコキ・電動化時を問わず
アカデミー・クリンコフにマルイ・スタンダードAK47準拠のマガジンを装着するには

チャンバー側給弾口近くのフレーム開口部左右を(ドライバーで差してる所)
1mm強削ると給弾不良のトラブルから解放されます。







(各種マガジン装着例)
上から
①マルイ・AK47ノーマルマガジン
②CYMA・550連ワッフルマガジン
③CYMA・550連AK74マガジン
④イーグルフォース550連マガジン
⑤CYMA・RPK800連マガジン
⑥CYMA・RPK74・800連マガジン


最近AKマガジンを豊富に取り扱ってるネットショップ見つけたんだけど
そのお店に5.45mm型で45連ロング仕様の珍しいワッフルタイプマガジンがあったから
近々買ってみてーな(゜∋゜)

たぶんコレが今年最後の記事になると思うけど(しょっぼ!)
来年は年明けに早速新たなエアーガンを買ってみてーと思います♪

今の所予算的にギリギリで買えるのが


※①(マルイG36K)
※①画像は東京マルイ様HPG36Kのページから引用。
(http://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/nextgeneration/231)
マルイの次世代電動ガンG36K!

好きか嫌いか、好みが真っ二つに分かれる鉄砲だけど
三年ほど前にフィールドで使ってたサバゲーマーさんに撃たせてもらったら
「シュコム!シュコム!」と独特な発射音と
標準でスコープが付いてる事にビビビと衝撃を受けた(゜∋゜)

でも今までエアガン買う時は予算の上限を二万円までと決めてたし
次世代G36Kといえば、どんなに安いお店で買っても35000円位しちゃうんだよね。。。

今どきは十万越えの電動ガンなんてのも珍しくないんだろうけど
ボンビーな漏れが四万近く金出してエアガン買うのはなんか抵抗があるんだよなー。。。

仮に次世代G36Kを買って記事にしたとしても
今まで予算100万以下で激烈クソゾンビ映画(J○Dにありがちな)を撮ってた映画監督に
「今度は予算を500万まで出してやるからもうちょっとマシなクソゾンビ映画つくってくれや」
位の違いはあるかもしれんが。




(2011年リビア内戦時のNTC派民兵)
それとリビア内戦当時、毎日貼りついて見てた2ch軍事板のリビア情勢スレを大いに沸かしたのが
反政府勢力がカダフィ政権軍から鹵獲した小火器の中にG36やF2000等のオーパーツ的な自動小銃が含まれていた出来事。

たとえ強権的(カダフィだから狂犬でもいいか)独裁国家であっても金さえあれば何でも買えるんだなと当時思ったもんだぬ。


さて。
話は次に買うエアガンの話題に戻って
第二希望はマルイのトンプソン♪

その昔いつかトンプソンの電動ガン出ないかなーとずっと思ってて
いざ出たら安心して買わない所までがテンプレ(脱糞)

第三希望は
ココ一年程在庫が無かったが、つい最近になって入荷された
海外製某AKシリーズ(多分コレが濃厚)

第四希望は最近マルイから発売された
HK45のガスブロハンドガン♪・・・

・・・・っていうか、既に買ったならまだしも
客観的に見て他人が買おうとしてる銃なんて逆の立場だったらどうでもいいことだよな(脱糞)

最後の最後まで誰も得をしない話で年を越す事になるという
実に俺らしい終わり方でした♪

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 08:36武器庫CYMA

2015年10月14日

CYMA・M16A3購入♪(cm017)

「第一部レビュー編」

この銃の初速測定結果はコチラ♪を見てね
(↑文字クリックでX3200による初速測定記事にジャンプするよ)
今日は買ったばかりの中華電動ガンCYMAのスポーツラインシリーズCM017ことM16A3(A4)のご紹介をします(^^)

この銃は通販にて本体+バッテリー+充電器の三点セットで値段は17800円也。




(アブー・ファドル・アル・アッバス旅団PV)
M16A4そのものについては、二年前に見たイラクのシーア派組織「アッバス旅団」のPVを見て以来
気になってたんだけど、安価なCYMA以外のM16A3はG&PやVFCの3万越えの商品しかなくて
ある時は

「マルイのM16A2買ってM4のアッパーとキャリハン揃えればA3モドキが作れるな」
と思うも、よくよく考えてみれば合計金額でG&P辺りのM16A3買えそうだからパス→!CYMA「・・・」
でもCYMAはCYMAでどんな感じのM16A3なのかグーグルで検索掛けてもブログの記事に挙げてるブロガーさんが一人しかいなくて
商品の詳細が一切ワカランまま20年前にネオジオ・CDの中古本体を17800円で買うくらいの覚悟で買ったのだ(゜∋゜)



(ブツ到着♪)
注文自体は土曜日にしてたんだけど、配達予定日を火曜日の午前中でお願いしてたら早いもので九時過ぎには家に届いてた(喜)
でもこの前買ったAK74(cm031)程のワクワク感は無かったぬ(゜∋゜)・・・
さあ、果たして17800円がネオジオCD代(ドブ銭)になるか価値のあるものに変わるのか・・・




(外箱)
まずは外箱からチェックしていこうかな。
外箱は中二臭さ全開(でも同心擽られて結構好き♪)のCYMA製品にしては意外と控えめで
シンプルなイラストが描かれてるのみ♪
外付けされた初速表を見ると81~84と結構低めで


「もしやスプリングカットされてるんかいな・・・」
と思うも、別の要因で初速が落ちてた(分解編で後述)


(中身)
つづいて付属品のご紹介♪

毎度おなじみの付属品BB弾。
宇宙開発の技術にそのまま転用できそうな超精密BB弾ですな。
多弾マガジンをメンテした際の油取り用に重宝しとります(笑)



(バッテリー)
付属品のバッテリーは容量8.4v1100のニッケル水素バッテリーで
北斗の拳でケンシロウが使いそうなヌンチャクみてーなカタチしてらー(゜∋゜)
怪しさ満点な外観で、充電するのもおっかなかったが、見た目に似合わず結構良かった♪
長いこと売れ残ってたのか、電圧スッカラカンだったが充電したら普通に使えた。



(充電器)
充電器は急速タイプでなく、一般的な充電器ですな。




(その他同時購入品)
毎度の事ながらどうせチャンバーパッキンはゴミという前提でライラクスのパッキンを購入。
タペットプレートも画像で見る限り頼りなさそうだったから、ライラクスの強化品を買っといた♪
強化品と言ったらガチガチなイメージがあったけん、意外とソフトなのね。








(本体レビュー)
つづいて本体の紹介♪
毎度ながらマガジン無しの状態の16・M4系は美しい(ポッ♪)
んで今更だけど、オレのブログのエアガン紹介記事って、毎回手抜きで同じパターンでテンプレ化してるから
他のエアガンを記事にする時とか、画像差し替えて文章ちょこっと弄れば半永久的に使い回しが出来そう(脱糞)






(マガジン)
つづいてマガジンの紹介♪
マガジンは多弾タイプで、マルイの300連マガジンの劣化コピー版。。。
CYMAのマガジンは中身のゲログリスを除けば、マルイと遜色ない出来栄えの物が多いが
コイツだけは例外で、ケースはガバガバで中身はスカスカな上に、弾止めのポッチに結構目立つバリがあった。



そんなマガジンを本体に装着してと。。。







(マガジン装着)
今回、A1以降のフルサイズ16を初めて買ってみたが
ガワのクオリティ(後述)はさて置き

「うひょひょ!かっちょええ~♪」
っていうのが率直な感想(喜)
塗装は全体に荒目のつや消し塗装がされている。
それと、いざ現物が来て驚いたのは、その軽さ!


(CM017の重量)
商品到着後、仕事を終えて眠りにつこうとしてる漏れに代わって、非力なママンが片手で箱を掴んでスタスタと軽快に階段を登ってきた来たもんだから
軽いとは予想してたけど、まさか2.4キロしか重量がねーとは思わんかったぬ(゜∋゜)
ちなみに同じ体重計でマルイのM16A1VNの重さを量ったら2.8キロ
マルイのスタンダードM4A1では3.0キロだったから
如何にコイツが軽いか想像出来ると思うし、片手でも余裕で取り回しが出来る。




(金属部品の紹介)
つづいて今回買ったM16A3の金属パーツを東京マルイ・スタンダードM4A1の金属パーツ構成と比較しながら紹介していきたいと思います♪
先ずはM4A1カービンの金属パーツから



M4カービンはフロントサイト、アウターバレル、フラハイ等のフロント部分と


ハンドガードを固定するデルタリングと


排莢口のダストカバー


トリガーガードに


トップレイル部


リアサイト一式


チャージングハンドル


ストックパイプ


マガジンキャッチ


セレクター


前後スイベル


ボルトキャッチの以上の部品が金属パーツになってます♪
CYMAのスポーツラインシリーズAK47(cm028)はマルイAK47金属パーツと全くパーツ構成だったけど
果たしてM16のスポーツラインシリーズはどうなのか見て行こうと思いやす♪

ちなみにCYMAはプラ部品でも金属っぽくダマシ塗装する天才でもあるんで、一夜明けてじっくり見てから
プラパーツだった事に気付く部分もあって感心(?)した。。。。


(M16A3の金属パーツ)
それでは検証開始♪




アウターバレルはマルイM4A1と同じく、一本物の金属製アウターバレルが通ってるが
cm017は材質がアルミになってるのでかなり軽い。
アルミといってもパイプ自体は結構分厚いから強度面での心配は無さそうだね♪
と、言ってもこけ方次第では確実にぶっ壊れるだろうけど。




それと将来的にはやっすいM203グレラン付けてーんだけど、ハンドガードがマルイと互換の無いリアルサイズの物だそうで
どの会社のM203買えば付けれるのかワカランチン♪



アウターバレルはフレーム側基部に上下ネジ二ヶ所でがっちり固定されてて
フロントサイトから先のアウターバレルを握って振り回しても無問題だった♪

サバゲーでの使用にも十分耐えれる剛性だぬ(゜∋゜)



でもザンネンなことにフロントサイトと※フラッシュハイダーはプラだった・・・orz
※今さっき気付いた(脱糞)


フロントサイトは着剣ラグ下からアウターバレルに固定されてる謎仕様で
どこの会社の16系と互換が効くのか皆目わかんねーけど
フラハイは14mmの逆ネジ仕様だから後で手持ちのマルイM4ハイダーと交換しとくべさ♪

それとフロントサイトはこのロットではマイナーチェンジされてるようで、俺が見つけたブロガーさんのcm017のフロントサイトは左右ネジ留めのモナカ構造になってた。



ダストカバーも残念なことにプラだったorz





(ダストカバーの開閉)
ちなみにダストカバーはマルイM4と同様にチャージングハンドルを引くことで解放出来るのだ(゜∋゜)


その他、デルタリングもプラ・・・


マガジンキャッチは金属だった(ホッ♪)


チャーハンもプラで・・・
※2015・11・20追記※
チャーハンは金属でした。

「いくらなんでもココは金属だろ~」
と思ってたトリガーガードも指で押してみると


「たわわん♪」
はいプラでした(泣)


リアサイトもネジを除いて一式プラで、一瞬ホントに脱糞しかけたけど


M4A1同様、上下左右の調整と二段切り替え式の可倒サイトも再現されてたのがせめてもの救いだぬ。。。


ボルトキャッチは金属製・・・ってこんな所金属にする位だったら
トリガーガードを金属にしろっつーの!(怒)



セレクターは金属製♪
あまりにもダメダメ過ぎて「♪」つける基準値が下がってきた。



ストックパイプと、前後スイベルも金属製♪


グリップエンドは金属製のヒートシンク仕様になってるが開口部が広すぎて異物が入り込むかもしれんね。
モーターの調整は六角ネジじゃなくて、マイナスドライバーを使用。





(キャリハン&トップレイル周り)
キャリハンと、それをレイルに固定する物(横二つのまるっこい手回しネジまでも)一式プラで出来てて
以前のロットではアマゾンのレビュー見る限り、トップレイルまでもがプラだったそうだが
マイナーチェンジされたこのロットのトップレイルは金属になってて安心した♪

レイルはマルイSTDのM4A1と同様に前後三点止めになってた。








(ドットサイト搭載)
最後に某サバゲーマーさんからコジ・・・じゃなくて、恵んでもらったドットサイトを載せてみた。。。

でもオレM4A1の記事でも書いたように
AK47タクティカルのようにレイルまみれの銃なら何かカンか付けたくなるが
普通のAK47みたいに素の状態で完結してる外観の銃なら何も付けない方が好きだから
今回買ったM16A3も素の状態で持っとこうと思う(゜∋゜)

・・・M203は別腹で付けたいけど。。。

第一部レビュー編終了
第二部分解メンテ編

レビュー編からつづきまして後編はCYMA・cm017の分解についての記事になります♪

尚、仕事明けの早朝四時からぶっ通しで記事を書いとるモンで眠気もピークに達しつつあるんでいつも以上に誤字脱字が目立って不快かもしれませんが
願わくば最後まで何卒寛大な心でお付き合いをば。。。




(分解開始)
分解編は極力淡々と進行していきたいと思いまーす!

超ねむいでーす!限界でーす!変なテンションになってきましたー!

cm017の分解はストックパットプレート一番上のながーいマイナスネジを外して
ストックを五センチ程ずらして





フレームから伸びるメカボックスのカプラーを外せばストックが外せます。




グリップエンドのネジ二本を外してグリップエンドを取り外しすとモーターが姿を現します。


後はモーターの赤・黒のカプラーを外せばモーターを取り出せるんだけど
カプラーが異様に硬くてなかなか外せんかった(゜∋゜)

CYMAって変な所で気合入れてるよね(脱糞)



ちなみにこのモーター。
余程トルクフルなのか、若干大きめのドライバーですら持ち上げてしまう程の磁力。。。





モーターを外したら、更にグリップ奥にある二本のネジを外せばグリップが取れるんだけど


なんでこのグリップこんなにネジ穴があるの?(゜∋゜)?

まあ、中国はとても広い国だから逆メカボとかもあったりするんだろうと、根拠のない自己完結をしつつ




本体上下フレームを留めるデカいピンを外します♪
コイツのフレームロックピンは昔懐かしライラックスの16用ロックピンと同じく
ピンを刺した反対側からプラスネジで〆る2ピース構造になってた♪

コレならサバゲー中にロックピンが無くなる事も無いから安心だぬ。


昔は社外品で売ってたパーツが気まぐれにデフォで付いてたりすんのも中華の面白い所ですな。


後は外す時よりも入れる時の方がメンドクセー小ピンを外して



上下フレーム分離完了♪
コツがいるのか?と思いきや、拍子抜けするほどあっさり分離出来た。


次にマガジンキャッチを外すんだけど
マルイM4・16と違って何処にもネジ穴が無くてどうやって取るかというと



マガジンキャッチのボタンをこの野郎とばかりに一番奥まで押し込んで


反対側のマガジンキャッチ部分がはみ出すからソレを指で掴みあげて


クルクル回したら



取り外すことが出来た♪



後はフリーになったver2型メカBOXを外すだけなんだけど
メカボの外し方のコツとしては、メカボ後端を掴んで
テコの原理の如く、上前方に持ち上げたらスムーズに外せた(喜)



あと、このフレームの変わってる所は


アッパーレシーバーのミミの部分が無い代わりに


アッパーフレーム後端に無駄に分厚い爪が成形されてて、コイツがロアフレームに包み込まれる造りになってた。。。

マルイ初期のM16A1(絶版になってる方)の電動ガン張りにプラスチッキーなのにも関わらず、ゴリラ剛性な理由はココにあるんだな(゜∋゜)

マルイのM4フレームに換装する場合は、上下とも変えないといけなそうだぬ。



(メカボの分解)
つづいてメカボックスの分解。
言うまでもなく、マルイのver2メカボのまるパクリです。




前回のAK74(cm031)のメカボと違ってそこまで臭くねーな。。。

さてさて今回のメカボの汚染度はどんなものか気になってしょーがねーや!



配線は今までのCYMAメカボの中ではかなりマシなほうで当分は使えそうだった。


メカボを留める九本のネジを外すんだけど、コイツも全てプラスネジになってたんで助かる(゜∋゜)


後はシリンダーのケツを指で抑えつつメカボオープン!



(緑の死神・頭イカレグリス)
全開分解したcm031メカボみたいに荒ぶる頭イカレグリスを想像しながらメカボ開けたら
今回のCYMAメカBOXは拍子抜けするほど控えめだったぬ(゜∋゜)
以前のロットでは8mmのメタル軸受だったそうだが、本ロットでは6mmのメタル軸受けになってた。
ぶっちゃけ、ハイサイや流速チューンでもない限り軸受をメタルにするメリットが思い浮かばんから
マルイの樹脂製軸受に変更したい所だぬ。


今回もテンションの弱いスプリングでのデチューンだったんで、そのまま流用♪


早速全バラしたメカボをブレーキパーツクリーナーで洗浄することに。。。



(頭イカレグリスを洗浄するイカレ頭)
「(シューーーッ!)ブツブツブツ・・・」


ブレーキパーツクリーナーで洗浄したメカボと部品を


ママレモン()で洗って脱脂して



新聞紙の上に置いて乾かしてる間に。。。



チャンバーパッキンの交換♪


(上A3・下A1)
ホップパッキンは案の定バリが酷かった。

それとインナーバレルはA1の物よか一回り長かった。



インナーバレルは床を転がしてもスムーズにコロコロ転がって曲がりも無かったんで今回もそのまま使用した。。。


つづいてマガジンのグリスの塗り直し♪



16・M4マガジンの分解はマガジン下のネジを外し



中身を引っ張り出し



五本のネジをバラし


ゼンマイ部分を内側に押しつつ


反対側のワッシャーをこじ開ければ


分解出来ます。





ゼンマイ部分をティッシュで撫ぜると緑グリスがべっとりくっつく。



ゼンマイ部分を取り出すとギュルルルルー!って感じでこんがらがるが


焦らずボチボチほどきながら蚊取り線香状に丸めてゆき


シリコンオイルを染み込ませたティッシュで




ゼンマイの端から端まで何回もスルスル拭きあげて



その他の部分もクサレグリスで広範囲にわたって汚染されてたから、マガジン内部全体をシリコンオイルとティッシュを駆使(失笑)して綺麗になるまで拭きあげてマガジンのメンテ完了♪



そうこうしてるうちにメカボ一式も乾いてたから、シム調整後CYMAのメカボみたいに考え無しにベットリとグリスアップをし(抵抗にしかならん)



全てのパーツを組みメンテ完了♪

今回のメカボですが、パッキン類は前回のcm031に引き続きチャンバーパッキンを除いてそのまま使いまわせる程度にまともだったり
して感心したんだけど
唯一シリンダーだけが内部に深いガリ傷があって驚いた。
コイツが初速を遅くしてた犯人だったんだな(゜∋゜)

手持ちの他のCYMAシリンダーと入れ替えといた。

その後600発程撃ちまくってみたけど、予想以上に弾道も安定してて二度惚れしてもうた(笑)


(AK74とのツーショット)
先月に引き続き二ヶ月連続でCYMAの激安トイガンを買ったけど、次回も懲りずに中華の安物電動ガン買いてえと思います♪

この次はS&Tのタボールか同社のビゾンを買いてーと思います(゜∋゜)

※2016年9月6日追記※
その後のCYMA・M16A3(cm017)くんはどうなったかというと





(ACE1アームズ・チャンバー)
購入後もちょこちょこ部品を社外品の物に交換しておりチャンバーは
ACE1ARMS NEW ポリカーボネート ホップアップチャンバーASSY M4
に交換♪

1160円と非常に安価な上に、気密・精度共にも良く
こちらのM16A3にポン付けすることが出来る。

HOP調整も次世代よろしく上下のダイヤルでコントロール出来る上
クリック感もあってクセになってしまう(変態)


このチャンバーのダメな所を上げるとすれば
本体への取り付け後に、チャンバー側スプリングのテンション不足から
メカボ・チャンバー間に前後に1mm強位のがたつきがあり
気密もくそも無かったから、チャンバー前側に厚さ1mm強の水道用パッキン(ホームセンターで購入)をハメ込んだら
ばっちり固定出来た♪

その他の注意点として、コチラのチャンバーに装着するHOPチャンバーパッキンは、マルイの物より
ライラクスのソフトチャンバーパッキンのほうが断然相性が良く
初速的には3m/s位変わった。


(メカボ周り)
メカボ内部はシーリングノズルをライラクスのスタンダードM4A1カービン用の物に交換し
タペットプレートはライラクスの物からガーダー製のver2用強化品に交換し
その他、ピストン&チャンバーとシリンダーヘッドをマルイの物に取り換えて初速的には最高値88だった。

目標としてはピストン・スプリングはマルイのままで92位まで持って行きたいんで
今後部品を交換した際は交換前と交換後で比較記事を書いてみる♪

おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 11:00武器庫CYMA

2015年09月03日

CYMAのAK74を購入♪(㎝031)

「9月2日」

この銃の初速測定結果はコチラ♪を見てね
(↑文字クリックでX3200による初速測定記事にジャンプするよ)

CYMA・AK74(cm031)初速UP編はコチラをみてね♪
(↑文字クリックでAK74ロングノズル・90スプリング・メタルチャンバー装着記事にジャンプするよ)
第一部レビュー編
※お知らせ・2016/3/17ver1.2※
★約5割の画像を本日新規に撮影した高画質の画像に改訂
★ドットサイト、その他オプション類に関する追記
★分解編での不備を補足

これからも当ブログをよろしくお願いします♪

先日は某激安ネットショップにてCYMAのcm031ことAK74をゲット♪
今まで何となく(流石のおれですら)電話での注文が出来なそうなショップだったから利用したことが無かったんだけど
身近な所で意外な人が楽天の会員だったんでオデの代わりに注文していただいた★

ちなみに今回買ったAK74は第三希望のトイガンで
本当はAK105→JGのAMD65→AK74の順に欲しかったけど
何処にも在庫が無かったんでAK74を買う事に。。。

でも新しいエアガン買った所で仕事の関係で当分の間平日しか休みがねーから、サバゲー出れないんだよな(°∋°)

あ~たまんねーサバゲーして~


(ブツ到着)
話は戻ってブツが到着したのは昨日の昼間の事。

通販で買った物が届いたとき包装紙を破る瞬間がたまらなく楽しいのは漏れだけじゃないハズ?

ワクワクしながらハサミで。。。






プチプチをチョキチョキして銃本体を取り出してみた♪

普段エアガン買った時なんかはダンボールや緩衝剤なんかで二重三重にくるまれて配送されてくるんだけど
このお店は必要最小限の梱包でスムーズに開封できた!

安さの秘密はこの辺りにあるんだろうな(°∋°)



(説明書)
とりあえず説明書から見て行こうかな?
先ずは表紙見てみると、このシリーズはAK74の他にAK105もラインナップされてるのねん♪

CM031Bとか書いてるがコッチが一番欲しかったな~




ページをめくってみると銃の取扱い上の注意点やパーツリストとか書かれてるな。
バッテリーはCYMAのAKとしては珍しくストックの中に収納するんだな。


アレ?アンタどっかで会わなかったっけ?(国産的な意味で)

つづいて他の付属品の紹介


他には小学生ですら使うことを躊躇しそうな超高級スリングと


銀玉テッポウとバツグンの相性がありそうな精密BB弾に



フロントサイトを調整する際に必要な工具の以上三点♪
昔のチープガンとか買った時は頭の悪そうなシューティンググラスやヘンなメダルが入ってたりしたもんだけど
最近の中華は控えめだな~(°∋°)








(マガジン未装着AK74)
つづいて本体のご紹介♪





(マガジン)

マガジンはゼンマイ式の多弾マガジンで装弾数は500発とマルイのAK多マグに比べて100発少ない。

ノマグを揃えようにも、74タイプのノマグって高いんだよな(°∋°)



そんで本体に装着してみるとマガジンが左右にガタつくヨー(泣)
手持ちの他のAK共に着けても同じ症状が出るからマガジンそのものが緩いんだろうな。

実用性には問題ねーし、いちいちこまけーこと気にしねー性分なんでこのままでいいや(野人)。








(AK74マガジン装着)
マガジンを装着してみるとこんな感じ♪
16系の銃はマガジン無しの状態のほうが好きだけど、AK系はマガジン付いてるほうが締まって見えるのねん(°∋°)

AK74の思い出としては七年位前に近所のヤマダ電機のエアガンコーナー(現在は既に撤去されてる)で見かけた
マルイの次世代電動ガンAK74MNを見て一目惚れしてしまったもんだけど、現在は廃盤になってるのね(泣)

当時は「ハンドガードやグリップの色が真っ黒なだけでこんなにカッコよく見えるもんなんだな~」と思ったもんだけど




(上AK74下AK74M)
AK74とAK74MNでは色の他にハンドガードの形状が違ったり折り畳み式ストックになってるって知ったのはつい最近(脱糞)





(シリア軍)
それと実銃のほうでは内戦初期のシリア軍の第四師団、一部の共和国防衛隊等のアラウィ派を中心とした精鋭部隊に使用されてる所をちょくちょく見かけたけど、最近じゃあまり見かけなくなった。

つづいて金属パーツの紹介♪










金属部分はアウターバレル、ガスパイプチューブ、フロントサイト、フラハイ、トリガーガード、トップカバー、セレクター、リアサイト、ストックパット、前後スリングベルト引っ掛ける所他

まあスポーツラインなんでマルイのスタンダードAK47の金属パーツ配置と全く同じ感じなんだが
今現在CYMAがcm028(スポーツラインAK47)に代わる型番として販売してるcm522(同じくAK47)なんかは
トップカバーとアウターバレル以外ほとんどプラで出来てる(そのかわり更に安さに磨きが掛かってるんでプラスに考えればお得なんだが)みたいだから、cm028シリーズの在庫があるうちにもう一丁確保しときたいところだぬ(°∋°)


つづいてバッテリーを入れる所はというと


トップカバーを空けてと♪


アレ?バッテリー繋ぐコネクターがねーぞ(°∋°)
おれにボロつかませやがったな!ムッキー!(°∋°)



と怒り狂ってもう一度説明書読み返してみると・・・、ていうかさっきバッテリーはストックの中に収納すると説明書で読んだのすっかり忘れてた鳥頭というオチ(真空跳び脱糞)






(バッテリーの収納)
バテリーはストックプレートのフタを下にずらせばそのまま外れる造りで、中にはミニSDバッテリーに対応したコネクタが入ってた♪
M16A1のストックはミニSDに限らず、頑張ればAKスティックバッテリーが収納出来たんだけどコイツのストックのスペースではSDしか入らねーな(°∋°)



(マルイ・スタンダードAK47)
つづいてこの間K本男から貰ったマルイの固定ストック化AK47Sとの比較♪



(上CYMA・AK74下マルイ・AK47)
Stg44譲りのモダンな外観と無骨な印象のAK47と近代化されたAK74後期型では好みの別れるところ
AK47の場合は装備品との組み合わせでツブシが効くのも魅力の一つか。

つづいて細部の比較♪



(フラハイ)
AK47と74の真っ先に目につく相違点の一つフラハイの比較♪

47ではオマケ程度にチョコン♪と付いてるハイダーも74では消炎と反動抑制の二つの効果をもつ少し大き目の物がついてる。





ちなみにAK74のフラハイを外すと・・・


こんな感じでゴツゴツした16mmの正ネジ六角ナットが姿を現し、このナットを外せば14mmの逆ネジになってるんで
市販の14mm逆ネジ対応のサイレンサーを装着できる。



つづいてガスパイプの比較



(上AK74下AK47)
ガスパイプの形状もAK47ではなだらかな曲線なのに対し、AK74は直線基調なカクッ!カクッ!って感じでほぼ垂直で小ぶりな造り♪


(左AK74右AK47)
金属製の47マガジンに対して74マガジンは軽量なプラで出来てる。


(AK47⇔AK74マガジン入れ替え)
ちなみにそれぞれのAKに両方のマガジンの互換が効くから、CYMA・AK74にマルイスタンダードAK47のマガジンを装着することでAK103気分を味わうことも出来る。

他にも


(CYMA・RPK74マガジン)
CYMA・AK47タクティカル(cm028c)に取り付けてるCYMAのRPK74・800連マガジンをAK74に付けてみたがなんか微妙(笑)

プラスに見れば、このマガジンを付けることで鬼畜仕様のAK74に変身することも出来るな(゜∈°)


つづいてハンドガードの比較♪





後期型74のハンドガードは滑り止めのリブが付いてるから手袋越しでもしっかり保持できる。

47用のパーツでRASレイル付きのハンドガードは沢山商品化されてるが、リブ付きのみのハンドガードが販売されてないのは残念な所


(上AK74下AK47)
トップカバー部は意外なことに



マルイのAK47にそのまんまポン付け出来た♪

その逆も出来たんだが実銃でも互換あるんかな?(°∋°)?




グリップも74はチェッカリングの付いたデザインになってて持ちやすい。


やはり手袋装着がデフォのロシアでは47のパイパングリップでは厳しいのか。


(上74下47)
ストックは



外観上の目立った違いは74のストックにヘンなへこみがあるのと47に比べてストックの角度がレシーバーに対して水平になってるくらいかな?


実銃のAKM・AK74では反動抑止の観点からストックの角度を水平にしてるそうだが、トイガンでは47の下に垂れたストックのが構えてて首が疲れない(当者比)

つづいて各種小物類の装着




(スリング)
こちらのAK74にはマルイのAK47スリングがそのまま装着可能♪

マルイAK47ユーザー的にはマガジン、バッテリー、その他スタンダードAK47関連のインフラをそのまま引き継げる所はありがたい。

つづいて、このAK74に装着可能なバヨネットの説明♪



(AKM・AK74バヨネット)
こちらのバヨネットはマイクロエース(旧アリイ)のコンバットセット「AK74銃剣」♪

エルエス時代は1500円だったがビミョーに値段が上がってたorz

刃の部分はペラッペラのゴムなんで、形を整えるのにヒジョーに苦労する



(ワイヤーカッター)
ちなみにこのAKバヨネット。

実物では鞘の部分の凸部に銃剣の刃の穴をかける事でワイヤーカッターとして使う事も出来るそうな。



そんなバヨネットをAK74に装着してっと。。。



(着剣)
バヨネットを着け剣したAK74の外観は
「これぞまさしく軍用ライフル。」
といった風格を醸し出してくれるが、全体が真っ黒な後期型AK74では銃剣本体のオレンジ色が浮いててマヌケに見えるな。

木ストの初期型AKMやAK74だったら似合うんだろうけどorz


(上CYMA・AK74・下マルイAK47)
ちなみに着剣ラグが無いため、AKバヨネットを着けれないAK47。

実は



フラッシュハイダーを外して


クリーニングロッドを取り出し



アウターバレルにバヨネットを装着して、フラッシュハイダーを締め上げれば


(AK47着剣)
着剣ラグの無いAK47でも裏技的にAK74バヨネットを付ける事が出来ます(脱糞)

以上でAK74の外観レビューとAK47との比較を終了♪



(M16A1)

ちなみに今回ご紹介したAK74は我がボンビー共和国軍一のジジイ(17年物のポンコツ)電動ガンM16A1の後継として買ったんだけど
一年でも長く長持ちさせたいな~(°∋°)



(CYMA・AK47タクティカル)
それと購入に際して一つ不安だったのはAK74銃本体の重量!

あまりの図体のデカさと重量の重さから、サバゲで一度使ったきり押入れの横綱と化した(寧ろどっちが押入れか分からないくらい押入れとの一体感が出てきた)AK47タクティカルと同じ道を進んで欲しくなかった物だが
現物が来たときに箱の軽さに拍子抜けした(脱糞)


重量を量ってみると3キロと、M4A1カービンとあんまし変わらなかったからサバゲでも余裕で使えそうですな(°∋°)

第二部メンテ編

CYMA cm031

同じ商品を買った人のショップレビュー見てると「緑色のじゃなくてまともなグリスが塗られてた」とか書かれてて
オイラのもそうかな~?(期待)と思ってたが世の中そんなに甘くなかった(泣)

バッテリー繋いで撃てるかどうか確かめる為に三発程試射してみるとノイズはそんなにしなかったもんだから期待してたんだけどな~

海外エアガンはメンテ必須なんだな
(それも最底辺に位置するCYMAだからあたりまえたいそうか)

分解開始!


このAK74はマルイのAK47と全く同じ造りになってて分解には


マガジン挿入口付近フレーム下のフロントキットとの結合部のネジ四本を外し



グリップのネジを外して





セレクターレバーを外し



トップカバーを外してAK47Sではバッテリーを置くプレートの小さいネジを取り


ホップ調整レバーのツメのネジをはずし

※2016年3月追記※
この画像だけAK47タクティカルの物で代用してます。


ボルトとスプリングガイド一式を外して



フレーム→チャンバー部を止める二本のネジを外し




本体とストックを結合する三本のネジを外してメカボと繋がるコネクタを外せばゴミバコ・・・じゃなくて、メカBOXが取り出せます。


んで、メカボをバラした際にフレームから謎のネジが落ちたんだけどcymaだから気にしない(国産なら大事だが)


トリガーガードを外すと早速緑色した頭イカレグリスが姿を現した。

おれ「やあ!ゴミグリスくん、久しぶりだね♪」
緑グリス「んごご・・・一年ぶりだな・・・早く成仏させてくれ・・・」


だいぶ割愛(という名の手抜き)したけどCYMAのAKメカボの詳しい分解手順についてはコッチの記事に詳しく書いてますだ。

ちなみにこのゲリBOXのネジも全てプラスネジになってた♪では早速メカボオープン♪




メシ食う前で助かった(その後の食欲も無くなるが)。。。

メカボ自体は以前買った同社のcm028cのより変なキズがかなり少なくなってる
しかし緑のクソグリスは相変わらず気持ちワリーな(°∋°)



デチューンは弱いスプリングに換えてある感じだったんだが、箱に外付けされた初速表見る限り最高値が88とかだったんでグリス塗り替えるだけで90位いけそうかな?





メカボを含む、全てのパーツに付着したイカレ頭グリスをブレーキパーツクリーナーで除去して
得意(失笑)のママレモンで洗って完全に洗ったパーツを乾燥させ
待っている間に


チャンバーパッキンをマルイ純正の物に交換♪


(意外とまともなCYMA・cm031純正パッキン。捨てたけど)

でも今回のCYMA AKは前回のパッキン類総とっかえしたCYMA AKと違って、全部のパッキンがそのまま使える程まともだったのに驚いた!
その為メンテに掛かった費用はブレーキパーツクリーナー196円+ホップパッキン代350円で済んだヨ!

ちなみに本体価格は16480円也♪

マルイのスタンダードAK47の某激安店の値段が20000円程度なのを考えると
今回のAK74がそこまで安いか、或いはお買い得感はどうかは微妙なところだぬ(°∋°)




後はシムをマルイの物に換えて少し遊ぶ程度のかなりテキトーなシム調整(プラス思考的に見てある意味リアルAK脱糞不可避)をして






後はマルイのグリスをCYMAメカボみたいに考え無しに(さすがにシリコングリスとの塗り分けはするが)べっとり塗ったくってメンテ完了♪

クソ配線の入れ替え作業と平型ヒューズ化作業をしたい所だが、時間が無かったもんでまた改めてチャレンジした時には記事にしたいと思いますな♪

ちなみにコイツのヒューズ25アンペアのヤツが入ってて何でそんなに強気なんだと突っ込みたくなった(笑)








(CYMA・AK74ドットサイト装着)
その後メンテしたAK74にアーミーフォースのAK47用スコープマウントベースを装着してドットサイトを載せたり
試し撃ちしてみたらモーターノイズがうるさくて、モーターエンド部の調整をしたらノイズも無くなってホっとして
500発程撃ちまくってみたらグリップを持ってられない位モーターが熱を持ち出したんで
メンドクセー配線入れ替え作業やらねーといけねーな。

※その他※
このAK74(CM031)に流用可能なマルイAK47用互換パーツ
スコープマウント(フレーム下とリアサイト部の三点留めタイプ)
マルイAK47対応ストック一式(cm031はストック取り付け基部が47と同じ角度のため)
マルイAK47用フレーム
マルイAK47用ハンドガードは未確認だが長さは同じなので恐らく可能
マルイAK47用マガジン一式


おちまい
★当ブログ内エアガン記事★

アカデミーAKS74U初速UP③

SNOW WOLF・PPSh‐41レビュー&分解メンテ

マルイM1A1トンプソン購入&レビュー

CYMA・AK47タクティカルショートバレル化

クラウンモデルU10(シニア)レビュー

CYMA・AK74(cm031)90スプリング&ロングノズル交換後初速測定

AKS74Uロングノズルへの交換と初速測定②とG&P・AK47セレクターレバー装着

AKS74Uベアリングスプリングガイド交換後の初速測定の巻

手持ちのエアガン初速測定&X3200・MK3購入の巻

イーグル模型AK47マガジンレビュー

S&T・G36Vレビュー&分解メンテ

マルイ次世代電動ガンG36KにP-MAG装着レビュー

AGM・M1カービン・レビュー&分解メンテ

東京マルイ・AK47レビュー&分解

マルイG36Kにマグプルタイプのフォアグリップ装着

CYMA・AK47タクティカル(cm028c)

G36Kにオプション取り付け

マルイM3スーパー90

マルイ次世代電動ガンG36K

アカデミー電動化クリンコフAKS74U

マルイM14+スコープ取り付け

CYMA・M16A3(cm017)

CYMA・AK74(cm031)

AK47・X47・AKS74U比較の巻
手持ちの全てのエアガン記事一覧
(↑それぞれ文字クリックで各記事へジャンプするよ)  

Posted by kouichi-wanwan at 18:58武器庫CYMA